室町ケミカル(4885)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月8日から開始されます。

室町ケミカルは、ジャスダックの地味めなIPOなので、今のところあまり注目されていないようです。

また、室町ケミカルはcolyとの同時上場というだけでなく、前日に新規上場するアピリッツが初日値付かずになると、3社同時上場になってしまうので、ますます影が薄くなりそうですね。

室町ケミカル

室町ケミカル(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名室町ケミカル
コード4885(医薬品)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)FFG証券
みずほ証券
SBI証券
大和証券
楽天証券
岡三証券
岡三オンライン証券
DMM.com証券
上場日2月26日
仮条件決定日2月4日(770円~820円に決定)
ブックビルディング期間2月8日から2月15日まで
公開価格決定日2月16日(820円に決定)
申込期間2月17日から2月22日まで
公募970,000株
売出し500,000株
OA220,500株
吸収金額13億円
時価総額29.8億円
想定価格770円→公開価格:820円
初値価格1,424円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

室町ケミカルIPOの事業内容

室町ケミカルは1917年(大正6年)に売薬の製造販売を目的として設立され、医薬品・健康食品・化学品の3つの事業を軸に、長年培ってきた化学技術を核とした技術を活かしながら、製品・サービスを提供しています。

医薬品事業では、中国、インド、オランダなどの原薬メーカー等から国内の製薬会社や医薬品商社の求める原薬を調達するほか、自社での原薬合成、原薬の異物除去や精製などの加工を行い販売しています。

健康食品事業では、主にスティックゼリータイプの健康食品の企画・製造を行っています。

室町ケミカルの健康食品

化学品事業では、国内外のメーカーから様々な性能のイオン交換樹脂や分離膜を仕入れ販売するほか、用途に合わせて洗浄や加工などを行い、主に国内の化学メーカーや機械メーカー、商社などへ販売しています。

室町ケミカルIPOの事業系統図

室町ケミカルの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 現在計画している原薬の製造設備導入
  2. 借入金の返済

室町ケミカルIPOの業績

室町ケミカルの業績

(※画像クリックで拡大)

室町ケミカルIPOの業績は、やや頭打ちといった感もありますが、概ね堅調そうです。

室町ケミカルのIPO評価

室町ケミカルはどちらかと言えば小型(吸収金額13億円)ですが、colyとの同時上場というだけでなく、前日に新規上場するアピリッツを含む3社同時上場になる可能性もあるため、需給面が良好とは言い切れません。

また、医薬品や健康食品事業もIPOで人気とは言えず、全体的に地味な印象は拭えません。

よって、室町ケミカルのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。室町ケミカルIPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

室町ケミカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

室町ケミカルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事の野村證券をはじめ、IPO幹事常連のSBI証券や、100%平等抽選の楽天証券などにも申し込む予定です。

室町ケミカルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
FFG証券 口座なし
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社