coly(4175)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の2月8日からスタートします。colyは、主に女性向けのモバイルゲームを開発・運営している企業です。

また、colyは双子の姉妹が共同創業者で社長と副社長を務めていることでも話題になっているようですね。

coly

coly(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名coly
コード4175(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
楽天証券
丸三証券
マネックス証券
DMM.com証券
上場日2月26日
仮条件決定日2月4日(3,930円~4,130円に決定)
ブックビルディング期間2月8日から2月15日まで
公開価格決定日2月16日(4,130円に決定)
申込期間2月17日から2月22日まで
公募804,000株
売出し522,000株
OA198,900株
吸収金額59.9億円
時価総額208.4億円
想定価格3,930円→公開価格:4,130円
初値価格8,450円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

coly(4175)IPOの事業内容

colyはモバイルオンラインゲームの企画・開発及び運営を軸に事業を展開しており、主にApple Inc.及びGoogle Inc.が運営する各プラットフォームにおいて、モバイルオンラインゲームを提供しています。

colyは女性向けのモバイルオンラインゲーム市場をターゲットにしており、「ドラッグ王子とマトリ姫」「スタンドマイヒーローズ」「魔法使いの約束」といったタイトルを開発・運営しています。

colyのモバイルゲーム

また、colyは自社が開発したモバイルオンラインゲームに登場するキャラクターを使用してグッズを企画・制作し、オフィシャルストアの「coly store」などを通じて販売しています。

coly(4175)IPOの事業系統図

colyの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

colyは今後複数タイトルでのアニメ化、舞台化、コミカライズ等の積極的なメディアミックス展開により、収益源の多様化を目指しています。

colyのメディアミックス

さらに、colyは文化的に親和性の高い東アジアを足掛かりとし、将来的には北米をはじめとしたエリアへの拡大も目指しています。

IPOによる手取金の使途

  1. リリース済みタイトルの運営に係るイラストやシナリオ等の制作外注費、労務費及び事務所家賃等の間接経費
  2. 新規開発中タイトルの運営に係るイラストやシナリオ等の制作外注費、労務費及び事務所家賃等の間接経費
  3. 広告投資

coly(4175)IPOの業績

colyの業績

(※画像クリックで拡大)

colyの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうですね。

colyのIPO評価

colyは室町ケミカルとの同時上場で規模(吸収金額59.9億円)も大きいため、需給面にやや不安があります。

また、前日に新規上場するアピリッツが初日値付かずになると3社同時上場になるため、資金分散の影響も気になります。

しかし、ゲーム関連事業は一時の勢いはないものの一定の人気があり、業績も良いことから注目されそうです。

よって、colyのIPO評価は、Cが妥当妥当だと考えています。coly(4175)IPOは、公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

coly(4175)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

coly(4175)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に申し込む予定です。主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券楽天証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

coly(4175)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
丸三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社