pluszero(5132)IPOの新規上場が承認されました。pluszero(プラスゼロ)IPOは10月28日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、pluszeroのIPO主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

10月のIPOはpluszeroで9銘柄となりました。10月のIPOもいよいよ大詰めですね。

pluszero

pluszero(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名pluszero
コード5132(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
松井証券
上場日10月28日
仮条件決定日10月12日
ブックビルディング期間10月13日から10月19日
公開価格決定日10月20日
申込期間10月21日から10月26日まで
公募375,000株
売出し96,000株
OA70,400株
吸収金額7.5億円
時価総額34.5億円
想定価格1,380円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
pluszeroのIPO主幹事のSMBC日興証券

pluszeroのIPO概要

pluszero(5132)IPOは、AI・自然言語処理・ソフトウェア・ハードウェア等の各種テクノロジーを統合的に活用したソリューションを提供・開発・保守・運用および販売しています。

pluszeroは「AEI(Artificial Elastic Intelligence)」の開発に力を入れており、具体的なサービスとして仮想人材派遣の実現に向けて取り組んでいます。

ちなみに、AEI(Artificial Elastic Intelligence)とは人間同様に本質的な言葉の意味を理解するAIを指し、pluszeroが作った造語です。

pluszeroはAI関連の小型(吸収金額7.5億円)IPOなので、それなりの人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

pluszeroのIPO幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、マネックス証券楽天証券などの7社で構成されています。

マネックス証券
IPO幹事常連のマネックス証券

pluszeroのIPO初値予想

pluszeroのIPO初値予想は、仮条件決定後(10月12日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社