SBIリーシングサービス(5834)IPOの新規上場が承認されました。SBIリーシングサービスIPOは10月19日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また。SBIリーシングサービスIPOの主幹事は大和証券みずほ証券SBI証券が共同で務めることになっています。

SBIリーシングサービスは以前に東京証券取引所へ上場申請を行ったと発表していたので、予定通りの新規上場になりますね。

SBIリーシングサービス

SBIリーシングサービス(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名SBIリーシングサービス
コード5834(証券、商品先物取引業)
主幹事証券大和証券
みずほ証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
松井証券
岩井コスモ証券
極東証券
SBIネオトレード証券
上場日10月19日
仮条件決定日9月30日(2,800円~2,980円に決定!)
ブックビルディング期間10月3日から10月7日
公開価格決定日10月11日
申込期間10月12日から10月17日まで
公募350,000株
売出し1,850,000株
OA330,000株
吸収金額75.4億円
時価総額221.9億円
想定価格2,980円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBIリーシングサービスIPO幹事のSBI証券

SBIリーシングサービスIPOの概要

SBIリーシングサービスIPOは航空会社や海運会社にかわって航空機・船舶等を購⼊し、これをリースすることで資⾦調達を支援するとともに、リースによって得られる利益等の分配を希望する投資家を対象にオペレーティング・リース商品を組成・販売しています。

また、SBIリーシングサービスIPOは自らも出資者としてプリンシパルインベストメント事業(船舶自己投資事業)にも参入しています。

ちなみに、SBIリーシングサービスIPOはSBIホールディングス(8473)の子会社なので親子上場になります。

SBIリーシングサービスIPOは規模(吸収金額75.4億円)が大きくて売出株も多く、親子上場にもなるのが気になりますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBIリーシングサービスIPOの幹事団は、共同主幹事の大和証券みずほ証券SBI証券を中心に、SMBC日興証券松井証券などの7社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
IPO投資に必須のSMBC日興証券

SBIリーシングサービスIPOの初値予想

SBIリーシングサービスIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月30日以降)に追記させていただきます。

2,980円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想:3,080円~3,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社