プロレド・パートナーズ(7034)IPOの新規上場が承認されました。プロレド・パートナーズIPOは、7月27日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、プロレド・パートナーズIPOの主幹事は、みずほ証券が務めることになってます。これで、7月23日のマネジメントソリューションズIPOから5日連続の新規上場になり、プチIPOラッシュという様相を呈してきました。

パデコIPOに続いて、インバウンドテックIPOまで新規上場中止になったのは残念ですが、気を取り直して7月のIPOに臨みたいですね。

プロレド・パートナーズ

プロレド・パートナーズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名プロレド・パートナーズ
コード7034
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
エース証券
岡三オンライン証券
上場日7月27日
仮条件決定日7月6日(4,100円~4,250円に決定)
ブックビルディング期間7月10日から7月17日まで
公開価格決定日7月18日(4,250円に決定)
申込期間7月19日から7月24日まで
公募465,000株
売出し155,000株
OA93,000株
吸収金額29.2億円
時価総額101.1億円
想定価格4,100円→公開価格:4,250円
初値価格7,170円


プロレド・パートナーズIPO幹事のSMBC日興証券

プロレド・パートナーズIPOの概要

プロレド・パートナーズIPOは、「提供する価値と対価が一致した社会の実現」を経営ビジョンに掲げ、成功報酬型の経営コンサルティング・サービスを提供している企業です。

また、プロレド・パートナーズIPOはAIRPAビッグデータといった最新ITテクノロジーを活用することで、コンサルティングの品質向上と、より幅広いクライアントへのサービス提供を目指しています。

プロレド・パートナーズIPOは、値がさ(想定価格4,100円)で規模(吸収金額29.2億円)もそれなりにあります。また、コンサルティング事業も新鮮味に欠けますが、業績は好調に推移しているので、より詳しく調べて判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プロレド・パートナーズIPOのその他情報はこちら

プロレド・パートナーズIPOでオススメの幹事証券

プロレド・パートナーズIPOは、主幹事のみずほ証券をはじめ、数多くの幹事証券が顔を揃えています。

中でも、IPO取扱銘柄数でトップを競い合っているSMBC日興証券SBI証券は要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール


また、100%完全抽選のマネックス証券と、あまり幹事証券入りしない楽天証券も注目です。


さらに、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループで前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券も委託幹事りしそうです。←正式に決定しました!

プロレド・パートナーズIPOの初値予想

プロレド・パートナーズIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月6日以降)に追記させていただきます。

5,250円 (想定価格比:+1,150円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,000円~6,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:5,500円~6,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング