QDレーザ(6613)IPOの新規上場が承認されました。QDレーザIPOは、来年の2月5日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、QDレーザIPOの主幹事はSMBC日興証券SBI証券が共同で務めることになっています。

来年(2021年)のIPOが年内に新規承認されて一安心です。QDレーザIPOは2021年のIPO第一弾になるかもしれませんね。

QDレーザ

QDレーザ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名QDレーザ
コード6613(電気機器)
主幹事証券SMBC日興証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券
上場日2月5日
仮条件決定日1月20日(300円~340円に決定)
ブックビルディング期間1月21日から1月27日まで
公開価格決定日1月28日(340円に決定)
申込期間1月29日から2月3日まで
公募9,451,800株
売出し4,107,600株
OA2,033,900株
吸収金額42.9億円
時価総額95.1億円
想定価格275円
(想定仮条件230円~320円の平均価格)
→公開価格:340円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
QDレーザIPO主幹事のSMBC日興証券

QDレーザIPOの概要

QDレーザIPOは、2006年に(株)富士通研究所のスピンオフベンチャーとしてスタートし、通信・産業・医療・民生用の広い分野で新しい半導体レーザを提供しています。

QDレーザIPOは、世界で初めて通信用の電流無調整量子ドットレーザの開発と量産に成功するとともに、眼科検査機器用の広帯域利得チップ、網膜走査型レーザアイウェア等の独創的な製品を次々に生み出しています。

QDレーザIPOは、海外への販売も予定されていますが、低価格で当選枚数も多いため、当選への期待度は高そうです。

ただし、QDレーザIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多く、業績も赤字なので、慎重に判断する必要がありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

QDレーザIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券SBI証券をはじめ、平幹事の岩井コスモ証券などの5社で構成されています。

岩井コスモ証券
IPO後期抽選型の岩井コスモ証券

QDレーザIPOの初値予想

QDレーザIPOの初値予想は、仮条件決定後(1月20日以降)に追記させていただきます。

510円 (想定価格比:+235円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:400円~500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:450円~550円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社