レオス・キャピタルワークス(7330)IPOの新規上場が承認されました。レオス・キャピタルワークスIPOは、12月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、レオス・キャピタルワークスIPOの主幹事は、みずほ証券が務めることになっています。

また、レオス・キャピタルワークスIPOは先ほどご紹介したリンクIPOと、後ほどご紹介するベルトラIPOとの3社同時上場になります。

レオス・キャピタルワークス

レオス・キャピタルワークス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名レオス・キャピタルワークス
コード7330
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
マネックス証券
ライブスター証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月4日(1,300円~1,400円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月12日まで
公開価格決定日12月13日(1,400円に決定)
申込期間12月14日から12月19日まで
公募632,500株
売出し2,529,800株
OA474,300株
吸収金額73.1億円
時価総額254.4億円
想定価格2,010円→公開価格:1,400円
初値価格初値決定後に追記


レオス・キャピタルワークス幹事のSBI証券

レオス・キャピタルワークスIPOの概要

レオス・キャピタルワークスIPOは、投信投資顧問事業として投資信託委託業務と投資顧問業務を行っています。

レオス・キャピタルワークスIPOは、非常に有名な「ひふみ投信」を取り扱っているので、ご存知の方も多いと思います。

レオス・キャピタルワークスIPOは、3社同時上場というだけでなく、規模(吸収金額73.1億円)が大きくて売出株も多いため、需給面に不安があります。

ただ、レオス・キャピタルワークスIPOは知名度が高いため、良くも悪くも注目されそうです。

レオス・キャピタルワークスIPOでオススメの幹事証券

SBI証券は、同時上場するリンクIPOでは主幹事を務めており、IPO取扱銘柄数トップクラスの証券会社です。


SBI証券のIPOルール

また、このところIPOで幹事入りすることが多い楽天証券と、珍しく幹事団入りしたライブスター証券も注目です。


楽天証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

レオス・キャピタルワークスIPOのその他情報はこちら

レオス・キャピタルワークスIPOの初値予想

レオス・キャピタルワークスIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月4日以降)に追記させていただきます。

1,550円 (想定価格比:-460円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,300円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社