Sansan(4443)IPOの新規上場が承認されました。SansanのIPOは、6月19日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、SansanのIPO主幹事は野村證券が務めることになっています。Sansanは以前からIPO候補として取り上げられていた銘柄なので、かなり注目されそうですね。

Sansan

Sansan(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Sansan
コード4443
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
マネックス証券
極東証券
カブドットコム証券
上場日6月19日
仮条件決定日5月30日(4,000円~4,500円に決定)
ブックビルディング期間6月3日から6月6日まで
公開価格決定日6月7日(4,500円に決定)
申込期間6月11日から6月14日まで
公募500,000株
売出し7,010,000株
OA1,126,500株
吸収金額352億円
時価総額1,219.7億円
想定価格4,075円 (想定仮条件3,650円~4,500円の平均価格)
→公開価格:4,500円
初値価格4,760円


Sansan(4443)IPO幹事のマネックス証券

SansanのIPO概要

Sansan(4443)IPOは、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と個人向け名刺管理アプリ「Eight」を提供している企業です。

法人向けクラウド名刺管理サービスの「Sansan」は、よくテレビCMが流されていたので、見たことがある方も多いと思います。

Sansanは規模(吸収金額352億円)が大きく、売出株(7,010,000株)も多い点が懸念材料です。ちなみに、売出株の一部については、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)の海外投資家に対しても販売される予定です。

ただ、Sansanは以前からIPO候補に挙げられており、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の知名度も高いため、話題性は十分だと思います。

注目の幹事証券

Sansanは大型IPOだけあって、主幹事の野村證券を中心に、大手幹事証券が顔を揃えています。

なかでも、SMBC日興証券は新規に口座開設するだけで、IPO優遇特典が受けられるので要チェックです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!


また、マネックス証券楽天証券100%完全抽選なので、比較的抽選配分数が多くなるため、穴場になるかもしれませんね。


楽天証券のIPOルール


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券も委託幹事入りしそうです。←正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Sansan(4443)IPOのその他情報はこちら

SansanのIPO初値予想

SansanのIPO初値予想は、仮条件決定後(5月30日以降)に追記させていただきます。

4,250円⇒4,500円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,700円~5,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社