大英産業(2974)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の5月20日から始まります。大英産業は6月のIPO第一弾ではありますが、地方市場(福岡証券取引所)への新規上場なので、あまり注目されていないようです。

ただ、大英産業は前後のIPOと程良く間隔が空いているので、スケジュールには恵まれていますね。

大英産業

大英産業(福証IPO)のIPO基本情報

銘柄名大英産業
コード2974
主幹事証券エイチ・エス証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
岡三証券
SBI証券
FFG証券
西日本シティTT証券
マネックス証券
ひろぎん証券
岡三オンライン証券
上場日6月4日
仮条件決定日5月16日(1,420円~1,520円に決定)
ブックビルディング期間5月20日から5月24日まで
公開価格決定日5月27日(1,520円に決定)
申込期間5月28日から5月31日まで
公募312,000株
売出し123,000株
OA15,000株
吸収金額6.8億円
時価総額48.8億円
想定価格1,500円→公開価格:1,520円
初値価格1,330円

大英産業IPOの事業内容

大英産業は、「元気な街、心豊かな暮らし」を経営理念に掲げながら、北九州市を中心にマンション事業や住宅事業を行っている総合住宅不動産会社です。

マンション事業では、マンション分譲事業、賃貸マンション販売事業、タウンハウス分譲事業、マンション総合管理事業の4つの事業を展開しています。

なかでも、主力事業の自社ブランド「サンパーク」を冠した新築の「マンション分譲事業」では、九州・山口販売ランキングNo.2(2018年1月~12月:住宅流通新報社調べ)を獲得しています。

住宅事業では、分譲住宅事業、注文住宅事業、不動産流通事業、土地分譲事業の4つの事業を展開しています。

なかでも、主力事業の自社ブランド「サンコート」を冠した新築一戸建ての「分譲住宅事業」では、北九州エリアで累計2,545戸(平成30年9月末時点)の住宅供給実績を誇っています。

大英産業の展開エリア
大英産業の展開エリア

(※画像クリックで拡大)

大英産業IPOの業績

大英産業の業績

(※画像クリックで拡大)

大英産業IPOの業績は概ね堅調に推移しているようですが、今期はやや厳しそうな気配ですね。

大英産業のIPO評価

大英産業は、規模(吸収金額6.8億円)が小さく感じますが、地方市場(福岡証券取引所)ということを考えると、小型とは言い切れないかもしれません。

また、地方市場(福岡証券取引所)は注目度が低く、不動産事業はIPOで人気になりにくい点も気掛かりです。

よって、大英産業のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。大英産業IPOは、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

大英産業IPOのその他情報はこちら

大英産業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

大英産業IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。もし参加する場合は、主幹事のエイチ・エス証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券など、一部の証券会社から申し込むつもりです。

大英産業IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
エイチ・エス証券 (主幹事) 検討中
SMBC日興証券 検討中
岡三証券 検討中
SBI証券 検討中
FFG証券 口座なし
西日本シティTT証券 口座なし
マネックス証券 検討中
ひろぎん証券 口座なし
岡三オンライン証券 検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング