ソシオネクスト(6526)IPOの新規上場が承認されました。ソシオネクストIPOは10月12日に東証プライム市場へ新規上場する予定です。

また、ソシオネクストIPOの主幹事はSMBC日興証券野村證券が共同で務めることになっています。

10月のIPOはソシオネクストで3銘柄となりました。今のところ全て単独上場なので、スケジュール的には良い感じですね。

ソシオネクスト

ソシオネクスト(東証プライムIPO)のIPO基本情報

銘柄名ソシオネクスト
コード6526(電気機器)
主幹事証券SMBC日興証券
野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日10月12日
仮条件決定日9月26日(3,480円~3,650円に決定)
ブックビルディング期間9月27日から9月30日
公開価格決定日10月3日(3,650円に決定
申込期間10月4日から10月7日まで
公募0株
売出し11,816,200株→18,297,300株
(国内:8,271,400株11,893,300株→10,841,200株
海外:3,544,800株6,404,000株→7,456,100株)
OA1,772,400株→2,744,500株)
(国内:1,240,700株→1,783,900株
海外:531,700株→960,600株)
吸収金額472.9億円→732.2億円
(国内:331億円475.9億円→439.3億円
海外:141.9億円256.3億円→292.9億円)
時価総額1,171.6億円
想定価格3,480円→公開価格:3,650円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ソシオネクストIPO主幹事のSMBC日興証券

ソシオネクストIPOの概要

ソシオネクストIPOはファブレス形態によるSoC(System-on-Chip)の設計・開発および販売を行っています。

ちなみに、SoC(System-on-Chip)とは装置やシステムの動作に必要な機能の一部または全てを1つに実装した半導体チップのことを指します。

ソシオネクストIPOはオートモーティブ(自動運転)、データセンター&ネットワーク(5G)、スマートデバイスなど、先進分野で求められる大規模SoC開発において、最高水準のコストパフォーマンスを実現しています。

ソシオネクストIPOは東証プライム市場への新規上場で、海外市場への販売も予定されているため、規模(吸収金額472.9億円)が大きいというほどではありません。

しかし、ソシオネクストIPOは公募株ゼロの売出株のみなので、それでも需給面で警戒されるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ソシオネクストIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券野村證券を中心に、マネックス証券楽天証券などの7社で構成されています。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、野村證券が共同主幹事なので、IPOで連携しているLINE証券も委託幹事入りするかもしれませんね。

ソシオネクストIPOの初値予想

ソシオネクストIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月26日以降)に追記させていただきます。

3,650円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,580円~3,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,650円~4,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社