ソフトバンク(9434)IPOの新規上場が承認されました。ソフトバンクIPOは、以前から報道されていた通り12月19日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定です。←東証1部に決定!

また、ソフトバンクIPOの国内売出しの共同主幹事は、野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券SBI証券が務めることになっています。

ソフトバンクグループは、サウジアラビア問題やNTTドコモの携帯料金値下げ表明など,気掛かりなニュースが多くて、IPOへの影響も懸念されていましたが、とにもかくにも新規上場が決まって良かったと思います。

ソフトバンク

ソフトバンク(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ソフトバンク
コード9434
主幹事証券野村證券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
西日本シティTT証券
松井証券
マネックス証券
あかつき証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月19日
仮条件決定日11月30日(1,500円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月7日まで
公開価格決定日12月10日(1,500円に決定)
申込期間12月11日から12月14日まで
公募0株
売出し1,603,693,700株
(国内:1,427,287,400株
海外:176,406,300株)
OA160,369,400株
吸収金額2兆6461億円
時価総額7兆1807億円
想定価格1,500円→公開価格:1,500円
(購入必要額:150,000円
初値価格初値決定後に追記


ソフトバンクIPO主幹事のSMBC日興証券

ソフトバンクIPOの概要

ソフトバンクIPOは、誰もが知っている携帯会社で、利用されている方も非常に多いため、注目度は抜群だと思います。

ソフトバンクIPOは、超大型(吸収金額2兆6461億円)、親子上場公募株ゼロの売出株のみなど、一般的なIPOならデメリットとなる要素が見受けられます。

ただ、ソフトバンクIPOは投資家だけでなく、普段は投資と無縁の人からも多くの関心を集める超話題のIPOなので、個人的にはある程度のデメリットには目をつぶって、お祭り気分で参加したいと考えています。

ソフトバンクIPOでオススメの幹事証券

共同主幹事の野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券SBI証券には全て申し込んで複数当選を狙いたいところです。


SMBC日興証券のIPOルール

また、幹事証券のマネックス証券松井証券も穴場になりそうなので要チェックだと思います。


マネックス証券のIPOルール

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事なので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事入りした場合はチャンスがありそうです。⇒正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ソフトバンクIPOのその他情報はこちら

ソフトバンクIPOの初値予想

ソフトバンクIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月30日以降)に追記させていただきます。

1,550円 (想定価格比:+50円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円以下)

(※別の大手予想会社の初値予想:10%~20%アップ)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社