バリューデザイン(3960)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月7日(9月13日まで)から開始されます。

9月中旬以降は、バリューデザインIPOを含めて、期待出来そうな銘柄が多いので、かなり楽しめそうですね。

バリューデザイン

バリューデザイン(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名バリューデザイン
コード3960
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券みずほ証券
SBI証券
エイチ・エス証券
東洋証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
上場日9月26日
仮条件決定日9月6日(1,860円~2,040円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月13日まで
公開価格決定日9月14日(2,040円に決定)
申込期間9月15日から9月21日まで
公募268,000株
売出し25,000株
OA43,900株
吸収金額6.3億円
想定価格1,860円


↑バリューデザインIPOで主幹事を務めるSMBC日興証券↑

バリューデザインIPOの事業内容

バリューデザインは、サーバー管理型プリペイドカードシステム「バリューカードASPサービス」の提供による企業のブランディングや、プロモーション支援事業を展開している企業です。

「バリューカードASPサービス」とは、企業が専用端末を設置するのみで、プリペイドカードシステムが導入出来るシステムです。

また、「バリューカードASPサービス」は、企業が独自のブランドとして発行することが出来る「ハウスプリペイドカード事業」と、VISAなどの国際ブランドと提携し、クレジット加盟店であればどこでも利用可能な「ブランドプリペイドカード事業」の二つのセグメントで事業展開しています。

モスバーガーの「MOS CARD」、Amebaの「Amebaプリペイドカード」、メガネスーパーの「メガネスーパーグループポイントカード」など、現時点で500社(48,239店舗)の導入実績があります。

バリューデザインIPOの業績

バリューデザインの業績

(※画像クリックで拡大)

バリューデザインIPOの売上高は、右肩上がりで好調ですが、利益にはバラつきがあるようです。

バリューデザインのIPO評価

バリューデザインは、規模(吸収金額6.3億円)が小さく、ノムラシステムコーポレーションIPOから約10日空いての単独上場なので、需給面は良好です。

また、バリューデザインの事業内容も成長性が感じられるので評価されそうです。ただ、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(199,200株)は少し気になりますね。

よって、バリューデザインのIPO評価はAが妥当だと考えています。バリューデザインは、小型なマザーズIPOで当選枚数も少ないため、公開価格の2倍程度は狙える銘柄だと思います。


にほんブログ村

バリューデザインIPOのその他情報はこちら

バリューデザインIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

バリューデザインIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。

特に、主幹事のSMBC日興証券は相性が良くて、毎年IPOに当選しているので、かなり期待しています。

バリューデザインIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
東洋証券 ネット申込み不可
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加


↑SBI証券の公式サイト↑

10月以降は、さらにIPOの新規上場が増えると思いますので、新たな証券口座を開設して当選率アップを目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ