ノムラシステムコーポレーション(3940)IPOの割当数が決定しています。ノムラシステムコーポレーションIPOは、ジャスダック市場への新規上場ですが、単独上場で規模(吸収金額5億円)も小さいため、結構期待できそうな銘柄です。

ノムラシステムコーポレーション

ノムラシステムコーポレーションIPOは、想定価格(920円)が安くてリスクも低いので、各証券会社の割当数を参考にしながら、積極的に申し込みたいと思います。

ちなみに、ノムラシステムコーポレーションIPOは、BB(ブックビルディング)の締め切り(9月5日)が迫っているので、申し込まれる方は、お早めに手続きして下さい。

ノムラシステムコーポレーションIPOの割当数
幹事証券会社 割当数 割当比率 優先度
みずほ証券 (主幹事) 410,300株 86.1% A
SMBC日興証券 19,000株 3.99% C
いちよし証券 14,200株 2.98%
SBI証券 14,200株 2.98% B
岡三証券 4,700株 0.99%
エース証券 4,700株 0.99%
岩井コスモ証券 4,700株 0.99%
マネックス証券 4,700株 0.99% B
合計 476,500株 100%


にほんブログ村

ノムラシステムコーポレーションIPOのその他情報はこちら

ノムラシステムコーポレーションIPOは、大手予想会社がBB(ブックビルディング)スタンスを若干下げてきましたが、それでも十分に期待できそうな銘柄です。

ノムラシステムコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)は、割当数の約86%を占める主幹事のみずほ証券を中心に、最低でもSBI証券マネックス証券SMBC日興証券までは押さえておきたいところです。


↑マネックス証券の公式サイト↑

IPOで当選するには、数多くの証券会社に申し込むことが近道なので、地道に証券口座を増やしながら、IPOゲットを目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ