ウイングアーク1st(4432)IPOの実に三度目となる新規上場が承認されました。ウイングアーク1stは、3月16日に東京証券取引所1部市場へ新規上場する予定です。

また、ウイングアーク1st(4432)IPOの主幹事は野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で務めることになっています。

ウイングアーク1st(4432)IPOは、これまでに二度IPO新規上場を中止しているので、三度目の正直といったところですね。

ウイングアーク1st

ウイングアーク1st(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ウイングアーク1st
コード4432(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)モルガン・スタンレーMUFG証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
上場日3月16日
仮条件決定日3月1日(1,440円~1,590円に決定)
ブックビルディング期間3月1日から3月5日まで
公開価格決定日3月8日
申込期間3月9日から3月12日まで
公募0株
売出し10,634,700株
OA1,595,100株
吸収金額182.2億円
時価総額464.9億円
想定価格1,490円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ウイングアーク1st(4432)IPO幹事のSMBC日興証券

ウイングアーク1stのIPO概要

ウイングアーク1stは、帳票により業務の生産性向上や運用の合理化をサポートするために、帳票基盤ソリューション「SVF」や帳票クラウドサービス「SVF Cloud」などを提供しています。

また、ウイングアーク1stは企業内外に蓄積された膨大なデータを、誰もが必要なときに集計・分析、可視化できるBI製品・サービスとして、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」や情報活用ダッシュボード「MotionBoard」などを提供しています。

ウイングアーク1stは、前身である「1stホールディングス株式会社」が、2013年に東証2部から上場廃止しているため、IPOで不人気な再上場案件になります。

また、ウイングアーク1stはヒューマンクリエイションホールディングスとの同時上場というだけでなく、公募株ゼロの売出株のみで、規模(吸収金額182.2億円)もあるため、需給面に不安があります。

規模(吸収金額182.2億円)は、前回(吸収金額281.1億円)よりもかなり小さくなっていて、東証1部としてはそこまで大きいわけではありませんが、それでも総合的に見て慎重に判断する必要がありそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイングアーク1stのIPO幹事団は、共同主幹事の野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券など、前回と同じ顔触れになっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事なので、同グループのauカブコム証券が前回同様に委託幹事入りした場合、穴場になるかもしれませんね。←正式に決定しました!

ウイングアーク1stのIPO初値予想

ウイングアーク1stのIPO初値予想は、仮条件決定後(3月1日以降)に追記させていただきます。

1,440円 (想定価格比:-50円)

(※大手予想会社の初値予想:1,590円~1,750円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社