セック(3741)とオープンドア(3926)の立会外分売が発表されました。オープンドアは、2015年の12月にIPO新規上場した銘柄なので、まだ覚えている方も多いと思います。

話は変わりますが、昨日は6月のIPO第一弾となるビーブレイクシステムズ(3986)も新規承認されました。来週以降は、IPOの新規承認も本格化しそうですね。

オープンドア

立会外分売のスケジュール
銘柄名 売買予定期間 売買単位 分売株式数 申込数量限度
セック(3741) 5/19~5/25 100株 200,000株 200株
MS-Japan(6539) 5/25~5/29 100株 200,000株 1,000株
オープンドア(3926) 6/6~6/9 100株 60,000株 100株

※5月13日現在

ちなみに、現時点でのセック(3741)とオープンドア(3926)の株価チャート(週間)は以下の通りになっています。

セック(3741)の株価チャート

セックの株価チャート

セックは、やや流動性に乏しい印象ですが、適度な分売数量で価格もそこそこなので、今のところ前向きに参加するつもりです。

オープンドア(3926)の株価チャート

オープンドアの株価チャート

オープンドアは、流動性に問題ありませんが、値がさなので多少のリスクがありそうです。今後の株価推移によって参加スタンスを決めるつもりですが、そもそも分売数量が少ないので、当選するのは難しそうですね。


にほんブログ村

立会会外分売は、IPO(新規公開株)ように一撃で大きな利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。⇒(立会外分売の解説

また、立会外分売には、ビーブレイクシステムズIPOで主幹事を務めるSBI証券をはじめ、マネックス証券野村證券松井証券ライブスター証券楽天証券丸三証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社