デファクトスタンダード(3545)IPOが、明日(31日)東証マザーズ市場へ新規上場します。デファクトスタンダードIPOは、大江戸温泉リート投資法人IPOとの同時上場ですが、久々のIPOで期待感も高まっていると思いますので、特に問題はなさそうです。

デファクトスタンダード

デファクトスタンダードIPO上場直前の初値予想

3,000円 (公開価格比:+1,370円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,400円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,300円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,500円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,499.60円

デファクトスタンダードIPO上場直前の初値予想は、以前に予想していた3,420円から若干下方修正したいと思います。

特に大きな理由はありませんが、規模(吸収金額20.6億円)の大きさと地合の低調さから、少し予想を引き下げました。

ただ、約1ヶ月ぶりの新規上場なので、溜まっていたパワーが炸裂すれば、さらなる高値を目指す可能性もありますね。


にほんブログ村

デファクトスタンダードIPOのその他初値はこちら

デファクトスタンダードIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の3,750円で、更新値幅は82円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の1,223円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、408円以上で6,520円以下となります。


IPO後半戦がいよいよ本格化してきたので、証券口座を増やしながら、IPO当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ