デジタルアイデンティティ(6533)IPOのBB(ブックビルディング)の幹事証券会社ごとの割当数が決まりました。

デジタルアイデンティティIPOは、小型なIT系のマザーズIPOなので、人気化必至といった感じですね。

デジタルアイデンティティ

デジタルアイデンティティIPOは、BB(ブックビルディング)期間(8月29日~9月2日)が迫っています。参加される方は、各証券会社の割当数を参考にしながら、忘れずに申し込んで下さい。

デジタルアイデンティティIPOの割当数
幹事証券会社 割当数 割当比率 優先度
みずほ証券 (主幹事) 306,500株 85% A
SBI証券 18,000株 4.99% B
SMBC日興証券 18,000株 4.99% C
マネックス証券 7,200株 2% B
岡三証券 3,600株 1%
いちよし証券 3,600株 1%
エース証券 3,600株 1%
合計 360,500株 100%


↑SBI証券の公式サイト↑


にほんブログ村

デジタルアイデンティティIPOのその他情報はこちら

デジタルアイデンティティIPOは、吸収金額6.4億円(想定価格ベース)と小型で、当選枚数も少ないことから、争奪戦になることは間違いありません。

主幹事のみずほ証券が割当数の85%を占めているので、まずは主幹事での当選を目指したいところです。

また、幹事団の中で抽選分の割当数が多そうなSBI証券と、マネックス証券も押さえておきたいですね。


↑マネックス証券の公式サイト↑

さらに、私はSMBC日興証券と相性が良いので、当選枚数は少なくても微かに期待しています。


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

デジタルアイデンティティIPOは、当選することが難しいと思いますが、出来るだけ多くの幹事証券にBB(ブックビルディング)して、わずかなチャンスをものにしたいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOは、なるべく多くの証券会社に申し込むことが当選への近道なので、新たな口座を開設してIPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社