フィット(1436)IPOが、明日(3月11日)東証マザーズ市場へ新規上場します。昨日(3月9日)新規上場したブラスIPOの初値(公募価格:4,370円→初値価格:4,650円)が思ったほど伸びなかったため、フィットにどの位の初値が付くのか注目です。

私は、主幹事のSBI証券からだけフィットのIPOに申し込みましたが、相変わらずの落選だったので、のんびりと初値形成を見守りたいと思います。

フィット

フィットIPOの直前初値予想

1,980円 (公募価格比:+90円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,850円~2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,890円~2,100円)

(※大手予想会社の最終初値予想:1,890円)

※主幹事証券会社の引き受け価格:1,738.80円です。

フィットIPOの初値は、当初2,180円と予想していましたが、1,980円に下方修正したいと思います。わりと期待の大きかったブラスIPOの初値が伸びなかったことや、その他IPO銘柄が新規上場後に低迷している点から、かなり初値買い意欲が減少している気がします。

この地合では、吸収金額21.2億円(想定価格ベース)は重く感じますので、公募価格を意識した展開になりそうです。残念ながら、公募価格割れの可能性も無いとは言えない状況に思えます。

ちなみに、主幹事証券の引き受け価格は1,738.80円なので、その辺りで買い支えが入る可能性は高いと思います。公募価格を割れた場合は、そこで踏み止まれるかがポイントになりそうです。


にほんブログ村

フィットIPOのその他初値予想はこちら

フィットIPOの初値決定前の気配運用

気配上限値段は公募価格比2.3倍の4,350円で、更新値幅は95円で更新時間10分になります。

気配下限値段は公募価格比0.75倍の1,418円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、473円以上で7,560円以下となります。

SBI証券のIPOは、抽選にはずれてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、ポイントを利用してIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ