ラキール(4074)IPOの仮条件が発表されました。ラキールは、今が旬のDX(デジタルトランスフォーメーション)関連IPOとして関心を集めています。

ラキールIPOはマザーズへの単独上場というだけでなく、前後のIPOとも間隔が空いているので、スケジュールに問題はありませんね。

ラキール

ラキールIPOの関連記事

ラキールIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

ラキールIPOのBBスタンスとIPO評価!DX関連IPO

ラキールIPOの仮条件

1,300円~1,400円

ラキールIPOの仮条件は、想定価格の1,300円を下限に上方へ拡げたレンジになっています。ラキールIPOは、当初から注目されていたので、やや強気の仮条件も想定内です。

ちなみに、ラキールIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は18.8億円から20.3億円にアップします。

LINE証券
LINE証券はラキールIPO委託幹事に決定

ラキールIPOの初値予想

3,000円→2,100円 (公開価格比:+700円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

ラキールIPOは、それなりの規模(吸収金額20.3億円)ですが、単独上場で前後のIPOとも間隔が空いているので、地合いが悪くなければ、あまり気にする必要はないと思います。

また、ラキールIPOは企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化というテーマ性のある事業を展開していることでも人気を集めそうです。

よって、ラキールIPOは公開価格の2倍を上回る3,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ラキールIPOの幹事団

ラキールIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券
楽天証券
SMBC日興証券
あかつき証券
東洋証券
岩井コスモ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
丸三証券
auカブコム証券
LINE証券

ラキールIPOの幹事団はわりと大所帯なので、主幹事の野村證券を中心に、なるべく多くの幹事証券に申し込んで当選を狙いたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社