コパ・コーポレーション(7689)IPOが、明日(6月24日)東証マザーズ市場へ新規上場します。コパ・コーポレーションIPOは、同時上場のロコガイドIPOと同じくコロナショックによるスライド上場組になります。

明日は3社同時上場になりますが、4月6日に新規上場した松屋アールアンドディIPO以来、約2か月半ぶりのIPOになるので、それでもどの銘柄も期待できそうですね。

コパ・コーポレーション

コパ・コーポレーションIPOの過去記事

コパ・コーポレーションIPOの仕切り直しての新規上場を承認!

コパ・コーポレーションのBBスタンスとIPO評価!改めての新規上場

コパ・コーポレーションIPOの配分数!野村證券が88%占める

ロコガイドIPOは補欠当選!コパ・コーポレーションIPOは全滅

コパ・コーポレーションIPO上場直前の初値予想

3,000円 (公開価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想:2,400円~2,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:3,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,840円

コパ・コーポレーションIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,600円から3,000円に上方修正したいと思います。

コパ・コーポレーションIPOは、同時上場する3社の中では二番手扱いで、規模(吸収金額14.3億円)もそれほど大きくないため、それなりの人気を集めると思います。

また、コパ・コーポレーションIPOはレジェンド松下氏をはじめ、数多くの人気実演販売士が在籍していることでも関心を集めそうです。

さらに、コパ・コーポレーションIPOは前回時よりも規模(25.4億円→14.3億円)を縮小して、公開価格も2,600円から2,000円に引き下げられている点もプラス要素です。

よって、コパ・コーポレーションIPOは公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コパ・コーポレーションIPOのその他初値予想はこちら

コパ・コーポレーションIPO初値決定前の気配運用

コパ・コーポレーションIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の4,600円で、更新値幅100円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,500円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、500円以上で8,000円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング