ピーバンドットコム(3559)IPOの仮条件が発表されました。ピーバンドットコムIPOは、次第に評価がアップしていて、注目度も増しているようです。

にほんブログ村では、主幹事がSBI証券ということで、IPOチャレンジポイントに関して様々な意見がアップされていますね。

ピーバンドットコム

ピーバンドットコムIPOの関連記事

ピーバンドットコムIPOのBBスタンスとIPO評価

ピーバンドットコムIPOの新規上場を承認

ピーバンドットコムIPOの仮条件

1,530円~1,650円

ピーバンドットコムIPOの仮条件は、想定価格の1,550円をほぼ下限とした上振れ設定になっています。ピーバンドットコムIPOは、当初からまずまずの評価だったので、順当な仮条件ですね。

ちなみに、ピーバンドットコムIPOの公開価格が仮条件の上限(1,650円)で決まった場合、吸収金額は13.3億円から14.2億円にアップするので、やや重く感じますね。

ピーバンドットコムIPOの主幹事

SBI証券のIPOルール

ピーバンドットコムIPOの初値予想

2,480円 (想定価格比:+930円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,900円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,400円)

ピーバンドットコムIPOは、そこそこの規模(吸収金額13.3億円)で売出株も多いですが、単独上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も無いため、需給面はまずまずだと思います。

プリント基板のEコマース事業には、それほど新鮮味が感じられず、初値が跳ねる可能性も低そうですが、それでもある程度の利益は得られると予想しています。


にほんブログ村

ピーバンドットコムIPOのその他情報はこちら

ピーバンドットコムIPOの幹事団

ピーバンドットコムIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 SMBC日興証券
松井証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エース証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券

主幹事のSBI証券では、IPOチャレンジポイントを使うべきかどうか悩ましいですね。ただ、初値が高騰する可能性は低いと思うので、ポイントを使うにしても、自分なりの期待値にとどめるのが良さそうです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、IPO幹事常連のSMBC日興証券マネックス証券や、今年になってIPOの取扱いが増えている岩井コスモ証券松井証券も要チェックです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社