リネットジャパングループ(3556)IPOの仮条件が決定しています。リネットジャパングループは、IPOラッシュ真っ只中での新規上場なのが惜しいですね。

ただ、リネットジャパングループIPOは、小型(吸収金額4.7億円)なネット関連IPOなので、それでも十分に期待出来そうな銘柄です。

リネットジャパングループ

リネットジャパングループIPOの関連記事

リネットジャパングループIPOのBBスタンスとIPO評価

リネットジャパングループIPOの新規上場を承認

リネットジャパングループIPOの仮条件

1,690円~1,830円

リネットジャパングループIPOは、想定価格の1,620円を上回る強気な仮条件になっています。仮条件が上振れたのは、機関投資家等の評価が高かったからなので、プラス要素と考えて良いと思います。

ちなみに、公開価格が仮条件の上限(1,830円)で決まると、吸収金額は4.7億円から5.3億円にアップします。


リネットジャパングループIPO主幹事のSBI証券

リネットジャパングループIPOの初値予想

3,290円⇒2,830円 (公開価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,400円~2,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,000円~3,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,700円~3,100円)

リネットジャパングループIPOの初値は、IPOの地合が好調なため、少し強めの予想にしています。ただ、リネットジャパングループIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が目立つので、ロックアップが解除される公開価格の1.5倍をクリアできるかがポイントになりそうです。


にほんブログ村

リネットジャパングループIPOのその他初値予想はこちら

リネットジャパングループIPOの幹事団

リネットジャパングループIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 野村証券
東海東京証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券
日本アジア証券
東洋証券
岡三証券
藍澤證券

リネットジャパングループIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使うか悩みどころですね。

にほんブログ村にも、色々な情報がアップされているので、それらも参考にしながら慎重に判断して下さい。

リネットジャパングループIPOは、当選枚数が少ないので、SBI証券以外での当選は難しいですが、野村証券、東海東京証券、SMBC日興証券などは、押さえておいても良いかもしれません。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社