セグエグループ(3968)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月5日から(12月9日まで)スタートします。

セグエグループIPOは、イノベーションIPOグレイステクノロジーIPOとの3社同時上場になりますが、どの銘柄も期待出来そうなので、一つでも当選出来たらラッキーですね。

セグエグループ

セグエグループ(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名セグエグループ
コード3968
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岡三証券
マネックス証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月1日(1,600円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月9日まで
公開価格決定日12月12日(1,700円に決定)
申込期間12月13日から12月16日まで
公募180,000株
売出し30,000株
OA31,500株
吸収金額3.9億円
想定価格1,650円


ZMPのIPOでは主幹事を務めるSMBC日興証券

セグエグループIPOの事業内容

セグエグループは、セグエグループ及び連結子会社4社(ジェイズ・コミュニケーション、ジェイズ・テレコムシステム、ジェイシーテクノロジー、ジェイズ・ソリューション)により構成されており、情報セキュリティを組み入れたセキュアなITインフラソリューションならびにセキュリティ関連サービスを提供しています。

ソリューション・プロダクト事業では、ITシステム構築に必要なセキュリティ製品及びITインフラ製品を、米国をはじめとする海外メーカーより代理店として輸入するほか、国内の他の代理店から調達し、主に販売パートナーを通じて国内のエンドユーザーに販売しています。

また、自社開発製品として、内部ネットワークと外部(インターネット等)ネットワークの分離を実現するソフトウェア「SCVX」をライセンス販売しています。

ソリューションサービス事業では、ITシステムの設計、構築、運用、保守サービスを一貫して提供しています。

セグエグループIPOの業績

セグエグループの業績

(※画像クリックで拡大)

セグエグループIPOの業績は、まだ3期分しかなく、ほぼ横ばいですが、大きな問題は無さそうです。

セグエグループのIPO評価

セグエグループは、ジャスダックスタンダードへの新規上場案件ですが、吸収金額3.9億円(想定価格ベース)と超小型で、当選枚数も極めて少ないため、人気化必至の銘柄です。

また、3社同時上場による資金の分散が懸念されますが、どの銘柄も規模が大きくないため、あまり心配する必要はないと思います。

よって、セグエグループのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。セグエグループIPOは、公開価格の2倍以上も視野に入れた強い初値形成になりそうです。


にほんブログ村

セグエグループIPOのその他情報はこちら

セグエグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

セグエグループIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、数多くのIPOで主幹事や幹事を務めているSBI証券SMBC日興証券、100%完全抽選で抽選配分数が多めのマネックス証券、IPO後期型の岩井コスモ証券など、出来る限り申し込みたいと思います。

セグエグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社