スターアジア不動産投資法人(3468)IPOの仮条件が決まりました。スターアジア不動産投資法人は、今のところ4月唯一のREIT(リート)IPOです。

リートIPOは、通常のIPOとは様相が異なりますので、初心者の方はお気を付けください。

スターアジア不動産投資法人

スターアジア不動産投資法人IPOの基本情報

スターアジア不動産投資法人(東証リートIPO)のBBスタンスとIPO評価

スターアジア不動産投資法人(東証リートIPO)の新規上場を承認

スターアジア不動産投資法人IPOの仮条件

90,000円~100,000円

スターアジア不動産投資法人IPOの仮条件は、想定価格100,000円を上限とした設定になっています。若干弱気な感じもしますが、リートIPOらしい穏当な仮条件になっていると思います。

スターアジア不動産投資法人IPOの初値予想

104,500円 (想定価格比:+4,500円)

スターアジア不動産投資法人は、わりと規模の大きかったラサールロジポート投資法人(3466)と比べると、1/4程度の手ごろな大きさなので、堅調な初値形成になると思います。

ちなみに、ラサールロジポート投資法人の初値は105,000円で、現在の株価は105,500円(4/3現在)になっています。ラサールロジポート投資法人は、このところの地合い悪化で値を下げていますが、ほぼ公募価格以上のラインで推移しています。

よって、スターアジア不動産投資法人IPOも、多少は公募価格を上回る初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

スターアジア不動産投資法人IPOのその他初値予想はこちら

スターアジア不動産投資法人IPOの幹事団

スターアジア不動産投資法人IPOの幹事団
主幹事証券 野村証券
幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券

スターアジア不動産投資法人IPOにネットから申し込めるのは、SMBC日興証券、みずほ証券、大和証券の三社になっています。

SMBC日興証券は、IPOで主幹事を務めることが多く、ネットからリートIPOにも申し込めてオススメの証券会社です。⇒SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


↑SMBC日興証券の無料口座開設はこちら↑


IPO・新規公開株 ブログランキングへ