JDSC(4418)IPOの仮条件が決まっています。JDSCは人気化しやすいAI関連のマザーズIPOなので、期待度も高まっているようです。

JDSCは3社同時上場になりますが、その中では一番人気を集めそうですね。

JDSC

JDSC(4418)IPOの関連記事

JDSCのIPO新規上場を承認!大和証券とSBI証券が共同主幹事

JDSCのIPO評価とBBスタンス!東大発のAI関連IPO

JDSCのIPO仮条件

1,620円~1,680円

JDSCのIPO仮条件は、想定価格の1,620円を下限に上方へ少しだけ拡げたレンジになっています。JDSCは新規承認時から注目されていたので、やや強めの仮条件も納得です。

ちなみに、JDSCのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は45.5億円から47.1億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
JDSCのIPO共同主幹事のSBI証券

JDSCのIPO初値予想

2,520円 (想定価格比:+900円)

(※大手予想会社の初値予想:2,300円~2,800円)

JDSCは、規模(吸収金額47.1億円)が同時上場する3社の中で一番大きいため、資金分散の影響を受けそうです。

ただし、JDSCは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されているため、海外での人気次第で状況も一変する可能性があります。

また、JDSCは東大発というブランド力とAI(人口知能)というテーマ性で注目されると思います。

よって、JDSCは公開価格の1.5倍に当たる2,520円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

JDSCのIPO幹事団

JDSCのIPO幹事団
主幹事証券 大和証券
SBI証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
マネックス証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券

JDSCは共同主幹事の大和証券SBI証券はもちろんのこと、平幹事も全てネットから申し込めるので、なるべく多くの証券会社に申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社