やまみ(2820)IPOが、明日(17日)ジャスダックスタンダード市場へ新規上場します。やまみIPOは、元々それほど評価が高くなかったうえに、イギリスのEC離脱懸念や急激な円高によって、地合が悪化しているので、かなり厳しい展開になるかもしれません。

やまみ

やまみIPO上場直前の初値予想

1,650円 (公開価格比:-40円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,700円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,690円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,690円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,554.80円

やまみIPOの初値予想は、当初の1,710円から1,650円に下方修正したいと思います。やまみIPOは、事業内容が地味な上に吸収金額20.8億円(想定価格ベース)と規模も大きめなので、現在の地合いでは公開価格割れの可能性が高まった印象です。

ただ、やまみIPOは業績が堅調でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も無いことから、公開価格を大きく割れることも無さそうな気がします。

もし、公開価格を大きく割れる場合は、引受価格1,554.80円で買い支えられるかがポイントになりそうですね。


にほんブログ村

やまみIPOのその他初値予想はこちら

やまみIPO初値決定前の気配運用

気配上限値段は、公募価格比2.3倍の3,890円で、更新値幅は85円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、公募価格比0.75倍の1,268円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、423円以上で6,760円以下となります。


巷でも話題になっているLINE(ライン)IPOの申込みが月末(28日)からスタートします。LINE(ライン)IPOで当選するためには、数多くの証券会社から申し込むことが重要なので、まだお持ちでない証券口座をチェックして、早めに口座開設することをオススメします。⇒(IPO投資にオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ