やまみ(2820)IPOの仮条件が決定しました。やまみは、事業内容が6月のIPOの中でも地味なのに中規模という悩ましい銘柄です。

また、やまみIPOは単独上場(6月17日)なのが救いですが、前日に新規上場する農業総合研究所IPOが値付かずの場合、同時上場となってしまうために注意が必要です。

やまみ

やまみIPOの基本情報

やまみIPOのBBスタンスとIPO評価

やまみIPOの新規上場を承認!

やまみIPOの仮条件

1,650円~1,690円

やまみIPOの仮条件は、想定価格1,690円を上限とする穏当な設定になっています。仮条件の値幅は小さいですが、もし公募価格が仮条件の下限で決まるようならば、一段と厳しさが増しそうです。

やまみIPOの初値予想

1,710円→1,650円 (公開価格比:-40円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,700円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,690円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,690円)

やまみIPOは、豆腐等製造販売という地味な事業内容と、吸収金額20.8億円(想定価格ベース)という重めの規模から、公募価格付近での初値形成になると予想しています。

やまみIPOの初値が公募価格を上回るかは五分五分と見ていますが、公募割れは避けて欲しいという願望も込めて、若干プラスの予想にしています。


にほんブログ村

やまみIPOのその他初値予想はこちら

やまみIPOの幹事団

やまみIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 野村証券
SMBC日興証券
ひろぎんウツミ屋証券


SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


IPO・新規公開株 ブログランキングへ