アクリート(4395)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(7月10日)から始まります。アクリートは小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めそうです。

また、アクリートはエクスモーションとの同時上場になりますが、アクリートの方が人気化しそうなので、あまり気にする必要はないと思います。

アクリート

アクリート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アクリート
コード4395
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
上場日7月26日
仮条件決定日7月9日(690円~770円に決定)
ブックビルディング期間7月10日から7月17日まで
公開価格決定日7月18日(770円に決定)
申込期間7月19日から7月24日まで
公募540,000株
(新株式発行:500,000株
自己株式の処分:40,000株)
売出し380,000株
OA138,000株
吸収金額7.3億円
時価総額36.6億円
想定価格690円→公開価格:770円
初値価格初値決定後に追記


アクリートIPO主幹事のSMBC日興証券

アクリートIPOの事業内容

アクリートは、主に企業から個人向けSMS(ショートメッセージ)配信を代行するサービス(SMS配信サービス)を提供しています。

また、アクリートは携帯電話事業者であるNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクと接続先に大量配信を可能にする法人向けSMS配信サービス専用の方式による接続(直接回線接続)を行い、大量配信・MNP対応を可能とした自社開発のSMS配信システムによりサービスを展開しています。

さらに、アクリートは単純な企業から個人への一方向のSMS配信サービスだけでなく、個人からの返信が可能な双方向サービス、電話自動対応によりユーザーの目的ごとに異なるSMS配信を行うIVRサービスも行っています。

アクリートのSMS配信サービス

(※画像クリックで拡大)

SMS(ショートメール)は、携帯電話を保有する全ての人に対して、個人が特定されている携帯電話番号へ送信することが可能で、即時閲覧率も高いため、会員登録、端末変更、パスワード配信などを行う際の携帯電話番号を用いた個人認証手段、予約確認、問合せ対応、キャンペーン、IoT分野でのSIMを利用した遠隔操作手段など、様々な用途で利用されています。

アクリートIPOの業績

アクリートの業績

(※画像クリックで拡大)

アクリートIPOの業績は急激に伸びていて、今後の成長も期待できそうです。

アクリートのIPO評価

アクリートは、小型マザーズネット関連の三拍子が揃っていて、想定価格(690円)も安いため、初値が跳ねる可能性は高いと思います。

また、アクリートはSMS配信サービスという専門性と業績の良さでも一定の評価を得られそうです。

よって、アクリートのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アクリートIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が気になりますが、それでも初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アクリートIPOのその他情報はこちら

アクリートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アクリートIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事のSMBC日興証券はもちろんのこと、抽選配分比率が高めのSBI証券や、100%完全抽選のマネックス証券にも期待しています。

アクリートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ