プロレド・パートナーズ(7034)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の7月10日からスタートします。

プロレド・パートナーズは、マザーズにしてはやや規模が大きめですが、業績好調なコンサルティング企業として注目されているようです。

ただ、プロレド・パートナーズは想定価格(4,100円)が高く、前日に新規上場するアクリートが初日値付かずだと同時上場になるため、資金分散の影響を頭の隅に入れておく必要はありそうです。

プロレド・パートナーズ

プロレド・パートナーズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名プロレド・パートナーズ
コード7034
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
エース証券
岡三オンライン証券
上場日7月27日
仮条件決定日7月6日(4,100円~4,250円に決定)
ブックビルディング期間7月10日から7月17日まで
公開価格決定日7月18日(4,250円に決定)
申込期間7月19日から7月24日まで
公募465,000株
売出し155,000株
OA93,000株
吸収金額29.2億円
時価総額101.1億円
想定価格4,100円→公開価格:4,250円
初値価格初値決定後に追記

プロレド・パートナーズIPOの事業内容

プロレド・パートナーズは、戦略コンサルティングファームで提供されている主な経営コンサルティングをパッケージ化し、企業再生ファンドや大手・上場企業にコンサルティング・サービスとして提供している企業です。

また、プロレド・パートナーズのコンサルティングは一般的な固定報酬ではなく、クライアントが中長期的に成果を獲得し続けることを重視するために成果報酬を導入し、クライアントの企業価値向上にコミットしています。

さらに、プロレド・パートナーズはAI(人工知能)RPA(ロボットによる業務自動化)ビッグデータといった最新のITテクノロジーを活用することで、コンサルティングの品質向上と、より幅広いクライアントへのサービス提供を目指しています。

プロレド・パートナーズIPOの業績

プロレド・パートナーズの業績

(※画像クリックで拡大)

プロレド・パートナーズIPOの売上は理想的な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうです。

プロレド・パートナーズのIPO評価

プロレド・パートナーズは値がさ(4,100円)で規模(吸収金額29.2億円)も大きいため、需給面に少し不安があります。

ただ、プロレド・パートナーズは多くの上場企業との取引実績があり、業績も好調に推移しているので、一定の評価を得られると思います。

さらに、プロレド・パートナーズはAI(人工知能)RPA(ロボットによる業務自動化)といったテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、プロレド・パートナーズのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。プロレド・パートナーズIPOは地合いにもよりますが、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プロレド・パートナーズIPOのその他情報はこちら

プロレド・パートナーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

プロレド・パートナーズIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券などにも、もれなく申し込む予定です。

プロレド・パートナーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
岡三証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ