AI inside(4488)IPOの新規上場が承認されました。AI inside(4488)IPOは、12月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、AI insideのIPO主幹事は野村證券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するスポーツフィールドIPOも新規承認されています。今年の12月は予想以上のIPOラッシュになりましたね。

AI inside

AI inside(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AI inside
コード4488
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
いちよし証券
楽天証券
カブドットコム証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月5日(3,000円~3,600円に決定)
ブックビルディング期間12月9日から12月13日まで
公開価格決定日12月16日
申込期間12月17日から12月20日まで
公募300,000株
売出し200,000株
OA75,000株
吸収金額15.3億円
時価総額94.2億円
想定価格2,660円
初値価格初値決定後に追記


AI inside(4488)IPO幹事のマネックス証券

AI insideのIPO概要

AI inside(4488)IPOは、AI(人工知能)を用いたOCRサービス「DX Suite」を提供している企業です。

DX Suiteは、様々なユーザーが記入する手書き文字を高精度でデジタルデータ化できるため、誰もが簡単に使えるAI OCRソリューションになっています。

また、AI inside(4488)IPOはデジタルの促進とプライバシーの保護を実現するEdge AI「AI inside Cube」も提供しています。

AI inside(4488)IPOは、すでに新規承認されているWDBココIPOとの同時上場になりますが、AI(人工知能)というテーマ性で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AI inside(4488)IPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの9社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事入りする可能性もありそうです。←正式に決定しました!


カブドットコム証券のIPOルール

AI inside(4488)IPOの初値予想

AI inside(4488)IPOの初値予想は、仮条件決定後(12月5日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社