global bridge HOLDINGS(6557)IPOの新規上場が承認されました。global bridge HOLDINGS(6557)IPOは、12月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、global bridge HOLDINGS(6557)IPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

global bridge HOLDINGS(6557)IPOは、すでに新規承認されているカクヤスIPOとの同時上場になります。

ちなみに、global bridge HOLDINGS(6557)IPOはTOKYO PRO Market(プロ投資家向け市場)に上場していますが、2019年12月22日付でTOKYO PRO Marketを上場廃止になる予定です。

global bridge HOLDINGS

global bridge HOLDINGS(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名global bridge HOLDINGS
コード6557
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
ちばぎん証券
東海東京証券
楽天証券
マネックス証券
丸三証券
上場日12月23日
仮条件決定日12月4日(2,590円~2,690円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月12日まで
公開価格決定日12月13日
申込期間12月16日から12月19日まで
公募50,000株
売出し599,900株
OA97,400株
吸収金額19.4億円
時価総額63.3億円
想定価格2,590円
初値価格初値決定後に追記


global bridge HOLDINGS(6557)IPO幹事のマネックス証券

global bridge HOLDINGS(6557)IPOの概要

global bridge HOLDINGS(6557)IPOは、日本の人口問題を社会問題と捉え、福祉事業によって解決すること目指し、保育事業障害者介護事業を展開している企業です。

また、global bridge HOLDINGS(6557)IPOは保育・介護分野におけるICT事業の企画・開発・販売・運用なども行っています。

global bridge HOLDINGS(6557)IPOは、カクヤスIPOとの同時上場で、それなりに規模(吸収金額19.4億円)もあるため、需給面にやや不安があります。

また、保育・介護事業には社会的意義を感じますが、業績は赤字なので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

global bridge HOLDINGS(6557)IPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、100%完全抽選の楽天証券マネックス証券などの7社で構成されています。


楽天証券のIPOルール

global bridge HOLDINGS(6557)IPOの初値予想

global bridge HOLDINGS(6557)IPOの初値予想は、仮条件決定後(12月4日以降)に追記させていただきます。

2,820円 (想定価格比:+230円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~3,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社