エアークローゼット(9557)IPOの新規上場が承認されました。エアークローゼットIPOは7月29日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、エアークローゼットIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

本日はIPOが3社も新規承認されましたが、エアークローゼットは7月最後のIPOになりそうですね。

エアークローゼット

エアークローゼット(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名エアークローゼット
コード9557(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
岡三証券
東海東京証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
上場日7月29日
仮条件決定日7月11日
ブックビルディング期間7月12日から7月19日
公開価格決定日7月20日
申込期間7月21日から7月26日まで
公募733,000株
売出し136,700株
OA130,400株
吸収金額8.7億円
時価総額70.5億円
想定価格870円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券
エアークローゼットIPO幹事のマネックス証券

エアークローゼットIPOの概要

エアークローゼットIPOは女性向けの普段着に特化した月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を運営しています。

また、エアークローゼットIPOはファッションレンタルショップ「airCloset×ABLE」や、提案型ファッションEC「airCloset Fitting」も運営しています。

さらに、エアークローゼットはメーカー公認月額制レンタルモール「airCloset Mall」と、直接スタイリストと相談できる遠隔パーソナルスタイリングサービス「airCloset Talk」も展開しています。

エアークローゼットIPOの業績は赤字ですが、規模(吸収金額8.7億円)の小ささで関心を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エアークローゼットIPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券を中心に、岩井コスモ証券マネックス証券などの11社で構成されています。

岩井コスモ証券
IPO後期抽選型の岩井コスモ証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンラインも委託幹事りしそうですね。

エアークローゼットIPOの初値予想

エアークローゼットIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月11日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社