マイクロアド(9553)IPOの新規上場が承認されました。マイクロアドIPOは6月29日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、マイクロアドIPOの主幹事はSBI証券が務めることになっています。

6月のIPOはほぼ出揃った感じですが、まだ明日も新規承認されるIPOがあるかもしれませんね。

マイクロアド

マイクロアド(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名マイクロアド
コード9553(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
アイザワ証券
極東証券
丸三証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券
上場日6月29日
仮条件決定日6月9日(1,300円~1,410円に決定)
ブックビルディング期間6月13日から6月17日
公開価格決定日6月20日(1,410円に決定)
申込期間6月21日から6月24日まで
公募669,000株
売出し1,645,000株
(国内:1,233,700株
海外:411,300株)
OA347,100株
吸収金額36.7億円
(国内:31億円
海外:5.7億円)
時価総額123.1億円
想定価格1,380円→公開価格:1,410円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
マイクロアドIPO主幹事のSBI証券

マイクロアドIPOの概要

マイクロアドIPOは顧客生涯価値最大化のためのプラットフォーム「UNIVERSE」を提供しています。

また、マイクロアドIPOは広告主向けプラットフォーム「UNIVERSE Ads」や、媒体社向けプラットフォーム「MicroAd COMPASS」も提供しています。

さらに、マイクロアドIPOはデジタルサイネージ媒体への広告出稿を一元的に管理可能なアドネットワークサービス「MONOLITHS」なども提供しています。

ちなみに、マイクロアドIPOの親会社サイバーエージェント(4751)ですが、上場後はその他関連会社になる予定です。また、大株主にはソフトバンク(9984)も名を連ねています。

マイクロアドIPOの規模(吸収金額36.7億円)はやや大きめですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

マイクロアドIPOはサイバーエージェントやソフトバンクが株主に名を連ねていることから事業面で関心を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マイクロアドIPOの幹事団は主幹事のSBI証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの13社で構成されています。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

また、主幹事がSBI証券なので、同グループのSBIネオトレード証券も委託幹事入りするかもしれませんね。←正式に決定しました!

マイクロアドIPOの初値予想

マイクロアドIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月9日以降)に追記させていただきます。

1,550円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想:1,410円~1,600円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社