Appier Group(4180)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の3月15日にから開始されます。Appier Groupは、アジアや欧州に17拠点をもつグローバルなAI SaaS企業です。

Appier Groupはスパイダープラスとの同時上場になりますが、どちらも規模が大きいため、地合いや資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

Appier Group

Appier Group(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Appier Group
コード4180(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
Bofa証券
幹事証券(委託含む)野村證券
楽天証券
SBI証券
UBS証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月12日(1,400円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間3月15日から3月19日まで
公開価格決定日3月22日(1,600円に決定)
申込期間3月23日から3月26日まで
公募9,101,000株
(国内:4,362,400株2,697,400株→1,716,600株
海外:4,738,600株6,403,600株→7,384,400株)
売出し8,789,500株→9,531,200株
(国内:2,203,000株
海外:6,586,500株→7,328,200株)
OA984,700株
吸収金額264.3億円→274.6億円
(国内:105.7億円→82.4億円→68.6億円
海外:158.6億円192.2億円→206億円)
時価総額1,398.2億円
想定価格1,400円→公開価格:1,600円
初値価格2,030円

SMBC日興証券 オンライントレード

Appier Group(4180)IPOの事業内容

Appier Groupは、AIによって自動的に消費者の行動を予測するという特徴をもった、マーケティング及びセールスの活動の全領域を支援するAIプラットフォームをSaaSモデルで提供しています。

Appier GroupはAI SaaSソリューションとして、ユーザー獲得プラットフォーム「CrossX」、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA」、ウェブ接客ツール「AiDeal」、データサイエンスプラットフォーム「AIXON」を提供しています。

Appier Groupのソリューション

Appier Groupのソリューションは、eコマース、小売、ゲーム、ソーシャルメディア、エンターテインメント、消費財、金融など、多様な業種で活用されています。

Appier Groupの業種別収益比率

Appier Groupのツールやソリューションは、世界中の800以上の企業がブランド強化を目的に導入しています。

Appier Groupの主な顧客企業

Appier Groupの主な顧客企業

ちなみに、Appier Groupは2017年と2018年にCBインサイツが多様な健全性・成長性指標に基づき選出した「世界で最も有望なAIスタートアップ企業100社」(「AI100」)に選出されています。

IPOによる手取金の使途

  1. 製品開発を行うエンジニア、営業人員、その他バックオフィス人員等に係る人件費
  2. SaaSサービスを提供するためのクラウドサービス利用料
  3. 新規顧客獲得のための広告宣伝費
  4. 借入金の返済資金

Appier Group(4180)IPOの業績

Appier Groupの業績等推移
Appier Groupの業績

(※画像クリックで拡大)

Appier Groupの売上は好調に推移していますが、利益は完全な赤字ですね。

Appier GroupのIPO評価

Appier Groupは海外への販売も予定されていますが、それにしても規模(吸収金額264.3億円)が大きく、スパイダープラスとの同時上場にもなるので、需給面に不安があります。

また、Appier Groupは業績が赤字で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も非常に多いのが懸念材料です。

しかし、Appier GroupはIPOで人気があるAI(人工知能)SaaSというテーマ性があるため、事業面で注目されると思います。

よって、Appier GroupのIPO評価は、事業面がAで需給面がCといった感じなので、間をとってBが妥当だと考えています。Appier Group(4180)IPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Appier Group(4180)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Appier Group(4180)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ積極的に申し込むつもりです。主幹事のSMBC日興証券みずほ証券を中心に、SBI証券などの平幹事もしっかりと申し込む予定です。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 (主幹事) BB参加
Bofa証券 (主幹事) 口座なし
野村證券 BB参加
楽天証券 BB参加
SBI証券 BB参加
UBS証券 口座なし


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社