アルテリア・ネットワークス(4423)IPOの新規上場が承認されました。アルテリア・ネットワークスIPOは、12月12日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定です。←東証1部に決定!

また、アルテリア・ネットワークスIPOの主幹事はSBI証券みずほ証券UBS証券が共同で務めることになっています。12日はスケジュールが空いていましたが、今日になって大型IPOが入ってきましたね。

アルテリア・ネットワークス

アルテリア・ネットワークス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名アルテリア・ネットワークス
コード4423
主幹事証券SMBC日興証券
みずほ証券
UBS証券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
SBI証券
マネックス証券
岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月12日
仮条件決定日11月27日(1,150円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間11月28日から12月3日まで
公開価格決定日12月4日(1,250円に決定)
申込期間12月5日から12月10日まで
公募0株
売出し17,500,000株
(国内:8,750,000株
海外:8,750,000株)
OA2,625,000株
(国内:1,312,500株
海外:1,312,500株)
吸収金額282億円
時価総額700億円
想定価格1,400円→公開価格:1,250円
初値価格1,190円


アルテリア・ネットワークスIPO主幹事のSMBC日興証券

アルテリア・ネットワークスIPOの概要

アルテリア・ネットワークスIPOは、法人向け事業としてユーザーのニーズに合わせてオーダーメイドのネットワーク環境を構築する「ネットワーク事業」と、専有型による安定的な高速通信を提供する「インターネット事業」を展開しています。

また、アルテリア・ネットワークスIPOはマンション向けインターネット接続サービスとして「UCOM光 レジデンス」と「e-mansion」を運営しています。

アルテリア・ネットワークスIPOは、総売出株の半分が海外になる予定なので、国内分は吸収金額141億円程度ですが、それでも規模は大きいです。

さらに、アルテリア・ネットワークスIPOは公募株ゼロの売出株のみで、スケジュールも厳しいため、他の銘柄と比較しながら慎重に判断したいと思います。

アルテリア・ネットワークスIPOでオススメの幹事証券

主幹事のSMBC日興証券は、超話題のソフトバンクIPOやツクイスタッフIPOでも主幹事を務めており、IPO投資に欠かすことのできない証券会社です。


SMBC日興証券のIPOルール

また、アルテリア・ネットワークスIPOは大型なので、平幹事のSBI証券マネックス証券にもチャンスがありそうです。


マネックス証券のIPOルール

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券岡三オンライン証券も委託幹事りしそうです。⇒正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルテリア・ネットワークスIPOのその他情報はこちら

アルテリア・ネットワークスIPOの初値予想

アルテリア・ネットワークスIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月27日以降)に追記させていただきます。

1,500円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想:1,400円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社