AViC(9554)IPOの仮条件が決まっています。AViCはネット広告やSEOコンサルなどのデジタルマーケティングサービスを提供していることで関心を集めています。

AViCは6月ラストのIPOで、その後のIPOとも間隔が空いているのは追い風になりそうですね。

AViC

AViC(9554)IPOの関連記事

AViCのIPO新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

AViCのIPO評価とBBスタンス!ネット広告関連IPO

AViCのIPO仮条件

920円~1,020円

AViCのIPO仮条件は、想定価格の970円を中間に挟んだノーマルな設定になっています。AViCは当初からまずまずの評価を得ていたので妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、AViCのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は12.6億円から13.2億円にアップします。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

AViCのIPO初値予想

1,530円 (想定価格比:+560円)

(※大手予想会社の初値予想:1,300円~1,700円)

↓(上場直前の初値予想)

1,220円 (公開価格比:+200円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,300円)

AViCはグロース市場への単独上場で、規模(吸収金額13.2億円)も大きくないため、需給面は悪くありません。

ただ、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が約50万株あり、公開価格の1.5倍以上でロックアップが解除されます。

また、インターネット広告関連事業は目新しさに欠けますが、それでも根強い人気があるために一定の評価を得られそうです。

よって、AViC(9554)IPOは公開価格の1.5倍に当たる1,530円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AViCのIPO幹事団

AViCのIPO幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
松井証券
丸三証券
あかつき証券
極東証券
静銀ティーエム証券
東洋証券
水戸証券
岡三オンライン

AViCのIPO幹事団は、規模のわりにやたらと数が多いですね。最近、こういったパターンが目に付きますが、ちゃんと規模に合わせた幹事団にしてほしいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社