M&A総合研究所(9552)IPOの仮条件が発表されました。M&A総合研究所IPOはAIを用いたM&Aを推進していることからM&A Tech企業として関心を集めています。

M&A総合研究所IPOはヌーラボIPOとの同時上場ですが、人気面では一歩リードしている感じですね。

M&A総合研究所

M&A総合研究所IPOの過去記事

M&A総合研究所IPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

M&A総合研究所IPOのBBスタンスとIPO評価!M&A関連IPO

M&A総合研究所IPOの仮条件

1,210円~1,330円

M&A総合研究所IPOの仮条件は、想定価格の1,210円を下限に上方へ拡げて設定されています。

また、仮条件決定に合わせて売出株が1,581,700株→4,109,900株、OA株が244,700株→623,900株へと大幅に増加しています。

よって、M&A総合研究所IPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は22.7億円から63.6億円へと大幅アップします。

LINE証券
LINE証券はIPOの取扱いを開始!

M&A総合研究所IPOの初値予想

1,730円 (想定価格比:+520円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,400円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~2,100円)

M&A総合研究所IPOはヌーラボIPOとの同時上場で、規模(吸収金額63.6億円)も大幅にアップしているため、需給面に不安があります。

ただ、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されているので、海外人気次第で状況が変わる可能性はあります。

また、M&A事業は今後もさらなる需要が見込め、AI(人口知能)というテーマ性でも注目されそうです。

よって、M&A総合研究所IPOは公開価格の約1.3倍に当たる1,730円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

M&A総合研究所IPOの幹事団

M&A総合研究所IPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
東洋証券
あかつき証券
auカブコム証券
LINE証券

M&A総合研究所IPOの幹事団は、主だった証券会社の大半が顔を揃えているので、当選を狙うならもれなく申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社