マイクロアド(9553)IPOの仮条件が決まっています。マイクロアドIPOはアドテク関連のデータプラットフォーム事業を展開していることで注目されているようです。

マイクロアドはIPOラッシュ終盤での新規上場になりますが、単独上場なのはプラスに働きそうですね。

マイクロアド

マイクロアドIPOの関連記事

マイクロアドIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事

マイクロアドIPOのBBスタンスとIPO評価!データプラットフォームIPO

マイクロアドIPOの仮条件

1,300円~1,410円

マイクロアドIPOの仮条件は、想定価格の1,380円を挟みながら下方にやや広いレンジで設定されています。

ちなみに、マイクロアドIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は36.7億円から37.5億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
マイクロアドIPO主幹事のSBI証券

マイクロアドIPOの初値予想

1,550円 (想定価格比:+170円)

(※大手予想会社の初値予想:1,410円~1,600円)

マイクロアドIPOの規模(吸収金額37.5億円)はそれなりにありますが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

また、アドテク関連事業は新鮮味に欠けますが根強い人気があり、データプラットフォーム事業にも力を入れていることから、事業面でそれなりの関心を集めそうです。

よって、マイクロアドIPOは公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マイクロアドIPOの幹事団

マイクロアドIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 大和証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
アイザワ証券
極東証券
丸三証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券

マイクロアドIPOの幹事団は、主幹事がSBI証券だけあって相変わらずの大所帯になっていますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社