アズーム(3496)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の9月3日から始まります。アズームは比較的規模が小さいため、需給面で人気を集めると思います。

ただ、アズームはテノ・ホールディングスとの同時上場なので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

アズーム

アズーム(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アズーム
コード3496
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
エース証券
極東証券
上場日9月20日
仮条件決定日8月30日(2,900円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間9月3日から9月7日まで
公開価格決定日9月10日(3,000円に決定)
申込期間9月11日から9月14日まで
公募250,000株
売出し25,000株
OA41,200株
吸収金額9.2億円
時価総額42.1億円
想定価格2,900円→公開価格:3,000円
初値価格6,400円

アズームIPOの事業内容

アズームは、不動産×ITを軸に「世の中の遊休不動産を活躍する不動産に」を企業理念に掲げながら、空き駐車スペースの活用を起点に、遊休不動産の活用を事業として展開しています。

アズームのサービスは「月極駐車場」に特化しており、はインターネット上にて月極駐車場のポータルサイト「CarParking」及び、東京23区内特化型の月極駐車場のポータルサイト「CarPark」(総称して「カーパーキング」)を運営しています。

主要サービスである駐車場サービスでは、カーパーキングを経由して駐車場の紹介を行う「月極駐車場紹介サービス」と、駐車場オーナーから空き駐車場を借り上げ、月極駐車場としてユーザーにサブリースを行う「月極駐車場サブリースサービス」を中心に事業を行っています。

さらに、アズームは駐車場サービス以外にも、壁面等屋外広告掲載スペースの検索プラットフォーム「AdWall(アドウォール)」、月極バイク駐車場検索プラットフォーム「バイクル」、空き家の有効活用を考える「空き家ナビ」、時間貸し駐車場検索プラットフォーム「コインパサーチ」などを運営しています。

アズームIPOの業績

アズームの業績

(※画像クリックで拡大)

アズームIPOの売上は綺麗な右肩上がりで推移しており、利益も黒字転換してから急激に伸びてきそうなので、成長性もありそうですね。

アズームのIPO評価

アズームは、吸収金額が想定価格ベースで9.2億円と小さいため、かなりの人気を集めると思います。

また、不動産関連事業はIPOで人気とは言えませんが、不動産テック(不動産×IT)というテーマ性があり、業績も好調なことから、一定の評価を得られそうです。

よって、アズームのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。アズームIPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アズームIPOのその他情報はこちら

アズームIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アズームIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、抽選配分比率が高めのSBI証券マネックス証券にも期待しています。

アズームIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング