マリオン(3494)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の8月27日から始まります。マリオンは、主幹事が個人投資家に人気のSBI証券で規模も小さいため、かなりの人気を集めそうです。

また、マリオンは香陵住販との同時上場ですが、どちらも規模が小さいので、あまり気にする必要はないと思います。

マリオン

マリオン(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名マリオン
コード3494
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
エース証券
極東証券
東海東京証券
むさし証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
上場日9月13日
仮条件決定日8月23日(2,200円~2,380円に決定)
ブックビルディング期間8月27日から8月31日まで
公開価格決定日9月3日
申込期間9月5日から9月10日まで
公募243,200株
(新株式の発行:40,000株
自己株式の処分:203,200株)
売出し0株
OA36,400株
吸収金額6.1億円
時価総額34億円
想定価格2,170円→公開価格:2,380円
初値価格3,800円

マリオンIPOの事業内容

マリオンは、不動産賃貸、賃貸料を原資としたクラウドファンディング型不動産証券化商品の提供及びそれらに付随する不動産売買等からなる不動産賃貸関連のサービスを提供しています。

不動産賃貸サービスでは、首都圏を中心に全国の主要都市において、居住者向け、中でも単身世帯向けを中心とした賃貸サービスを提供しています。

不動産証券化サービスでは、マリオンボンドの名称のもと、不動産賃貸料を原資とする証券化商品を組成し投資家に提供しています。また、平成27年以降は、サラリーマンボンドの名称のもと、インターネットでの申込が可能なクラウドファンディング型不動産証券化商品も提供しています。

マリオンIPOの業績

マリオンの業績

(※画像クリックで拡大)

マリオンIPOの業績は、概ね堅調に推移しているので、特に問題なさそうです。

マリオンのIPO評価

マリオンは、想定価格ベースで吸収金額が6.1億円と小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、不動産事業はIPOで人気とは言えませんが、クラウドファンディング型の不動産証券化商品を手掛けていることから、不動産テック関連銘柄としても注目されそうです。

よって、マリオンのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。マリオンIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マリオンIPOのその他情報はこちら

マリオンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

マリオンIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事のSBI証券は、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙う手もありますが、複数配分の可能性が低そうなので、私は使わずに申し込む予定です。

マリオンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
むさし証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング