ベネフィットジャパン(3934)のIPO新規上場が承認されました。ベネフィットジャパンは、先ほどご紹介したウイルプラスホールディングス(3538)と共に3月24日同時上場予定です。

3月のIPOはまたも同時上場となってしまいました。15日が3社、18日が6社、そして24日が2社のIPO同時上場が予定されており、目まぐるしい日々を過ごすことになりそうです。

ベネフィットジャパン

ベネフィットジャパン(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベネフィットジャパン
コード3934
主幹事証券大和証券
幹事証券SMBC日興証券
エイチ・エス証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月24日
仮条件決定日3月4日(1,680円~1,980円に決定)
ブックビルディング期間3月8日から3月14日まで
公募価格決定日3月15日(1,980円に決定)
公募250,000株
売出し200,000株
OA67,500株
吸収金額10.5億円
想定価格2,020円

ベネフィットジャパンIPOの概要

ベネフィットジャパンは、ONLY SERVICEという独自ブランドを掲げ、通信事業としてMVNO(仮想移動体通信事業者)ならびにFVNO(仮想固定通信事業者)サービス、インターネットオプションサービス及びコンテンツ、サポートサービスを提供している企業です。

また、ベネフィットジャパンは販売代理店事業として、ソフトバンク一次代理店など様々な個人向けサービスの加入取り次ぎも行っています。

ベネフィットジャパンは、東証マザーズIPOのネット系という点では注目されるかもしれません。しかし、ベネフィットジャパンの事業内容自体には目新しさは感じないので、他のIPO銘柄と比較検討しながらBB(ブックビルディング)スタンスを決めていきたいと思います。

ベネフィットジャパン(3934)の幹事団には、4月5日に新規上場するハイアス・アンド・カンパニー(6192)IPOで主幹事を務めるSMBC日興証券、2016年もトップクラスのIPO取扱銘柄数を誇るSBI証券、IPO抽選組に優しいマネックス証券が名を連ねています。

SMBC日興証券は、IPOの取扱銘柄数が豊富で主幹事を務めることも多いオススメの証券会社です。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるので、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、初心者の方でも十分に当選するチャンスがあります。

ベネフィットジャパンIPOの初値予想

ベネフィットジャパンIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月4日)に追記させていただきます。

2,350円 (想定価格比:+330円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,300円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,500円~2,800円)


にほんブログ村

ベネフィットジャパンIPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ