ウイルプラスホールディングス(3538)のIPO新規上場が承認されました。ウイルプラスホールディングスは、のちほどご紹介するベネフィットジャパン(3934)と3月24日に同時上場する予定です。

3月のIPOは現時点で20社の新規上場が予定されており、大変な盛り上がりを見せそうですね。ただ、絶対的なエースは不在で、そこそこの銘柄が顔を揃えているといった印象です。

ウイルプラスホールディングス

ウイルプラスホールディングス(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ウイルプラスホールディングス
コード3538
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
むさし証券
カブドットコム証券 (委託)
上場日3月24日
仮条件決定日3月3日(1,730円~1,880円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月11日まで
公募価格決定日3月14日(1,880円に決定)
公募400,100株
売出し124,000株
OA78,600株
吸収金額11.3億円
想定価格1,880円

ウイルプラスホールディングスIPOの概要

ウイルプラスホールディングスは輸入車販売関連事業を手掛けている企業で、フィアット・アルファ ロメオ・アバルト、クライスラー・ジープで全国トップのシェアを誇り、アメリカ車販売においても全国トップクラスのチェッカーモータース株式会社、BMW・MINIの正規ディーラーとして設立されたウイルプラスモトーレン株式会社、ボルボディーラーとしてトップクラスの歴史と販売実績を持つ帝欧オート株式会社をグループ企業としながら幅広い輸入車販売網を築き上げています。

ウイルプラスホールディングスは吸収金額11.3億円(想定価格ベース)とジャスダックIPOとしてはそこそこの規模で、小売業という業態もIPO的には人気になりにくい印象がありますので、これから慎重に判断していきたいと思います。

また、3月は4日から18日まで怒涛のIPOラッシュなので、買い疲れなども頭に入れておく必要がありそうです。

ウイルプラスホールディングス(9466)の幹事団には、IPOには欠かすことの出来ないSBI証券マネックス証券、そしてIPO後期型の岩井コスモ証券が名を連ねています。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるので、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、初心者の方でも十分に当選するチャンスがあります。

岩井コスモ証券はIPO後期型なので、他の証券会社の抽選結果を確認後に申し込めるのがメリットです。

ウイルプラスホールディングスIPOの初値予想

ウイルプラスホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月3日)に追記させていただきます。

1,980円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,900円~2,100円)


にほんブログ村

ウイルプラスホールディングスIPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ