ビーウィズ(9216)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の2月14日から始まります。ビーウィズはコンタクトセンター・BPOサービスを提供しています。

ちなみに、ビーウィズはパソナグループ(2168)の子会社なので親子上場になります。

ビーウィズ

ビーウィズ(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ビーウィズ
コード9216(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日3月2日
仮条件決定日2月9日(1,400円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間2月14日から2月18日
公開価格決定日2月21日(1,400円に決定)
申込期間2月22日から2月28日まで
公募900,000株
売出し4,400,000株
OA795,000株
吸収金額117億円
時価総額263億円
想定価格1,920円→公開価格:1,400円
初値価格1,320円

SMBC日興証券 オンライントレード

ビーウィズIPOの事業内容

ビーウィズは自社開発のクラウドPBX「Omnia LINK(オムニアリンク)」等のデジタル技術を活用したコンタクトセンター・BPOサービスの提供、およびAI・DXソリューションの開発・販売をしています。

PBXとは「Private Branch eXchange」の略であり、企業で複数の電話機を連動させて利用する際に施設内に設置される電話交換機のことで、一般企業はもとよりコンタクトセンター運営には必要不可欠なシステムです。

Omnia LINK(オムニアリンク)の特徴は基本的な電話の受発信機能を備えながら、通話音声のリアルタイムテキスト化や、AIによる自然言語処理を用いたFAQレコメンデーション等、付加価値の高い機能を提供しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 新拠点の開設及び増床、並びにネットワーク・ファシリティ投資への設備資金
  2. AI・DXソリューション開発としてOmnia LINKの機能拡充やサービス領域の拡大を図るためのソフトウェア開発の費用
  3. 上記設備資金に該当しないAI・DXソリューションにかかるソフトウェア開発の費用
  4. AI・DX人材投資として、当社グループの事業活動のデジタル化を推進する専門人材の採用、人件費及び組織のデジタルリテラシー向上を目的とした研修受講等の教育のために充当

ビーウィズIPOの業績

ビーウィズの業績

(※画像クリックで拡大)

ビーウィズIPOの業績は概ね堅調に推移しているようです。

ビーウィズのIPO評価

ビーウィズは東証1部への新規上場なので、規模(吸収金額117億円)が大きいというほどではありません。

しかし、今はとにもかくにも地合いが悪いため、それでもこの規模では警戒されると思います。また、親子上場という点も昔ほどではないものの懸念材料です。

ただ、ビーウィズはクラウドというテーマ性があるため、事業面で一定の評価を得られるかもしれません。

よって、ビーウィズのIPO評価はDが妥当だと考えています。ビーウィズIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性もありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビーウィズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ビーウィズIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。

ビーウィズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
野村證券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング