BeeX(4270)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。BeeXは2月に新規上場するIPOの中でも期待されていた銘柄です。

にもかかわらず、仮条件が下振れしたということは、いかに地合いが悪いかを物語っています。

今回ばかりは、地合いが回復するのに時間が掛かりそうな雰囲気ですが、それでも上場日までに少しでも上向てほしいですね。

BeeX

BeeX(4270)IPOの過去記事

BeeXのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事

BeeXのIPO評価とBBスタンス!クラウド関連IPO

BeeXのIPO初値予想!仮条件は下振れ

BeeX(4270)IPOの配分数(割当数)

BeeX(4270)IPOの配分数(割当数)は、主幹事の大和証券が約93%を占めていますが、それでも当選枚数は少ないため、かなりの競争率になりそうです。

また、平幹事での当選は困難ですが、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券は申込み必須だと思います。

また、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンラインと100%平等抽選の楽天証券も押さえておいても良いかもしれませんね。

BeeX(4270)IPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 293,200株 93% 293枚 A
アイザワ証券 5,300株 1.7% -枚
岡三証券 5,300株 1.7% 5枚
東洋証券 5,300株 1.7% -枚
SBI証券 3,100株 1% 14枚 B
楽天証券 2,800株 0.9% 28枚 B
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 315,000株 100% 340枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


岡三オンラインのIPOは前受金不要

BeeX(4270)IPOのBB(ブックビルディング)は本日(2月7日)から始まっているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング