明豊ファシリティワークス(1717)とアクシス(4012)の立会外分売が発表されています。

明豊ファシリティワークスは、建設プロジェクトの立ち上げからプロジェクトの推進(品質・工期・コスト管理)や保有施設の運用・管理まで、施設に関するあらゆる段階での課題解決を支援している企業です。

また、アクシスはシステムインテグレーション(SI)事業とクラウドサービス(CS)事業を行っている企業です。

明豊ファシリティワークス

明豊ファシリティワークス(1717)とアクシス(4012)の立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
明豊ファシリティワークス
(東1・1717)
6/10 150,000株 1,000株
アクシス
(東M・4012)
6/10~6/14 × 100,000株 1,000株

(※2021年6月7日現在)

明豊ファシリティワークスの立会外分売目的は、「一定数量の売却意向があり、発行会社として検討した結果、株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため」となっています。

明豊ファシリティワークスは流動性が高く、今回の分売株数(150,000株)なら難なくこなせそうなので、全力で参加するつもりです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アクシスの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため。」となっています。

アクシスは6月末に1:2の株式分割を控えていますが、流動性はイマイチで値がさだけにリスクも高いため、今のところ見送るつもりです。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいため、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、SBIネオトレード証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング