ビジネスコーチ(9562)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月4日から開始されます。ビジネスコーチはビジネスコーチングを中心としたサービスを提供しています。

ビジネスコーチは単独上場で、その後のIPOとも間隔が空いているので、スケジュールには恵まれていますね。

ビジネスコーチ

ビジネスコーチ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ビジネスコーチ
コード9562(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岡三証券
マネックス証券
楽天証券
岡三オンライン
上場日10月20日
仮条件決定日10月3日(1,910円~2,070円に決定)
ブックビルディング期間10月4日から10月11日
公開価格決定日10月12日(2,070円に決定)
申込期間10月13日から10月18日まで
公募136,000株
売出し129,900株
OA39,800株
吸収金額6.3億円
時価総額22.9億円
想定価格2,070円→公開価格:2,070円
初値価格4,155円

SMBC日興証券 オンライントレード

ビジネスコーチIPOの事業内容

ビジネスコーチは、ビジネスコーチングを中心とした人材開発事業を主な事業として展開しており、人と組織の生産性向上支援に向けた最適なビジネスコーチングを提供しています。

ちなみに、ビジネスコーチングとはビジネスパーソンのビジネス目標を達成するために、クライアント(人と組織)の行動変容を支援するサービスです。

ビジネスコーチングには、一人のコーチが一人のコーチング対象者(クライアント)に対してコーチングを実施する1対1型サービスと、一人のコーチがクライアントのグループに対してコーチングする1対n型サービスがあります。

ビジネスコーチは、その他にもマイクロラーニング(コーチング動画のe-learning)、クラウドコーチング(コーチングコミュニケーション・記録・管理システム)、人事コンサルティング(プロフェッショナルによる実行支援)などを提供しています。

ビジネスコーチのビジネスコーチング

ビジネスコーチでは、今期より開発を開始したコーチングのAI分析が、クライアントとコーチのマッチング精度の向上やコーチングのプロセス分析に有効であると期待されており、AI分析の実装後はさらに効果的なビジネスコーチングを提供できる予定です。

AI分析導入によるコーチングレベルの引き上げ

IPOによる手取金の使途

  1. 人件費
  2. クラウドコーチングシステム追加開発費
  3. コーチの品質向上に資する本社設備の設置費

ビジネスコーチIPOの業績

ビジネスコーチの業績

(※画像クリックで拡大)

ビジネスコーチIPOの業績は概ね堅調に推移しているようです。

ビジネスコーチのIPO評価

ビジネスコーチは規模(吸収金額6.3億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面で注目されると思います。

また、ビジネスコーチングは目新しく、業績も好調に推移していることから、事業面でも関心を集めそうです。

よって、ビジネスコーチのIPO評価はBが妥当だと考えています。ビジネスコーチIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ビジネスコーチIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ビジネスコーチIPOのBB(ブックビルディング)は積極的に参加する予定です。主幹事のSMBC日興証券はもとより、マネックス証券楽天証券などの平幹事ももれなく申し込むつもりです。

ビジネスコーチIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング