ソシオネクスト(6526)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月27日からスタートします。

ソシオネクストは富士通とパナソニック両社のSoC事業を統合し、日本政策投資銀行の出資を受けて2015年3月に事業を開始した半導体ベンターです。

ソシオネクストはこれから新規上場するIPOの中でもダントツに規模が大きいため、需給面で警戒されそうですね。

ソシオネクスト

ソシオネクスト(東証プライムIPO)のIPO基本情報

銘柄名ソシオネクスト
コード6526(電気機器)
主幹事証券SMBC日興証券
野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
上場日10月12日
仮条件決定日9月26日(3,480円~3,650円に決定)
ブックビルディング期間9月27日から9月30日
公開価格決定日10月3日(3,650円に決定
申込期間10月4日から10月7日まで
公募0株
売出し11,816,200株→18,297,300株
(国内:8,271,400株11,893,300株→10,841,200株
海外:3,544,800株6,404,000株→7,456,100株)
OA1,772,400株→2,744,500株)
(国内:1,240,700株→1,783,900株
海外:531,700株→960,600株)
吸収金額472.9億円→732.2億円
(国内:331億円475.9億円→439.3億円
海外:141.9億円256.3億円→292.9億円)
時価総額1,171.6億円
想定価格3,480円→公開価格:3,650円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ソシオネクストIPOの事業内容

ソシオネクストは、主にグローバルな顧客に向けて最先端のプロセスを使用したSoC(半導体)の設計開発及び販売を行っています。

ソシオネクストは、このSoCのうち特定の顧客固有に設計されるカスタムSoCを中心に事業を展開しており、カスタムSoC市場において市場シェア第二位となっています。

ソシオネクストの市場シェア

近年、自動運転、5Gネットワーク、データセンターなど、新たなサービスや製品が次々と出現しており、自社サービスや製品を差別化するために、カスタムSoCの需要も拡大しています。

ソシオネクストのカスタムSoC

ソシオネクストも注力する事業領域を「オートモーティブ」「ネットワーク/データセンター」「スマートデバイス」といった先端成長分野へと大幅転換し、先端分野がNRE売上に占める割合は2018年3月期の50%から2022年3月期には86%へと拡大しています。

ソシオネクストIPOの業績

ソシオネクストの業績

(※画像クリックで拡大)

ソシオネクストIPOの業績は堅調に推移しているようです。

ソシオネクストのIPO評価

ソシオネクストは公募株ゼロの売出株のみで規模(吸収金額472.9億円)が大きく、値がさでもあるため、需給面でかなり警戒されそうです。

ただ、半導体事業は半導体不足が叫ばれていることもあって関心度が高く、業績も悪くないことから、事業面で一定の評価を得られるかもしれません。

よって、ソシオネクストのIPO評価はDが妥当だと考えています。ソシオネクストIPOの初値は、どちらかというと公開価格を割れる可能性の方が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ソシオネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ソシオネクストIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

ソシオネクストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB不参加
野村證券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング