セルソース(4880)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の10月8日から開始されます。

セルソースは、新しい医療として期待されている再生医療事業を行っていることで注目されているようです。

セルソースはバイオ関連銘柄にしては小型で、業績が黒字ということもプラスに働きそうですね。

セルソース

セルソース(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名セルソース
コード4880
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
カブドットコム証券
DMM.com証券
マネックス証券
上場日10月28日
仮条件決定日10月4日(2,180円~2,280円に決定)
ブックビルディング期間10月8日から10月15日まで
公開価格決定日10月16日(2,280円に決定)
申込期間10月17日から10月23日まで
公募480,000株
売出し0株
OA72,000株
吸収金額12.3億円
時価総額42.8億円
想定価格2,230円→公開価格:2,280円
初値価格6,020円

SMBC日興証券 オンライントレード

セルソースIPOの事業内容

セルソースは再生医療関連事業として、「脂肪由来幹細胞加工受託サービス」「血液由来加工受託サービス」「FatBankサービス」を医療機関に提供しています。

また、セルソースは医療機関が患者に再生医療を提供する際に必要となる申請・届出業務に係る書類作成等を支援する「再生医療法規対応サポート」と、医療機関が患者から血液及び脂肪等の組織を採取するために必要となる機器を販売する「医療機器販売」も行っています。

セルソースの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

さらに、セルソースは再生医療センターでの脂肪由来幹細胞の研究に基づき開発された化粧品ブランド「シグナリフト」の美容液「エクストラエンリッチ」をはじめ、クリーム「エンリッチクリーム」や洗顔ジェル「ジェリーウォッシュ」など、一般消費者向け化粧品の製造販売や美顔器の通信販売を行っています。

セルソースIPOの業績

セルソースの業績

(※画像クリックで拡大)

セルソースIPOは、バイオにしては珍しく黒字で推移していて、今のところ業績に問題は無さそうですね。

セルソースのIPO評価

セルソースは、規模(吸収金額12.3億円)がそれほど大きくなく、売出株ゼロの公募株のみなので、需給面は良好だと思います。

また、バイオ関連株は博打的なイメージがありますが、セルソースは黒字で堅調に推移していることでも一定の評価を得られそうです。

さらに、セルソースは再生医療というテーマ性があり、人気化粧品「シグナリフト」の開発・販売を行っていることでも関心を集めそうです。

よって、セルソースのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。セルソースIPOは、公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

セルソースIPOのその他情報はこちら

セルソースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

セルソースIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券を中心に、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事ももれなく申し込んで、当選を狙いたいと思います。

セルソースIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング