ジェイック(7073)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月10日からスタートします。ジェイックは、マザーズへの単独上場で規模も小さいため、需給面で人気を集めそうです。

また、ジェイックは10月に新規上場するIPOの中で一番の値がさなので、上手くハマれば大きな利益が得られそうですね。

ジェイック

ジェイック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ジェイック
コード7073
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
東洋証券
楽天証券
岩井コスモ証券
岡三証券
北洋証券
DMM.com証券
上場日10月29日
仮条件決定日10月9日(4,610円~4,750円に決定)
ブックビルディング期間10月10日から10月17日まで
公開価格決定日10月18日
申込期間10月21日から10月25日まで
公募71,500株
売出し71,500株
OA21,400株
吸収金額7.6億円
時価総額41.7億円
想定価格4,610円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

ジェイックIPOの事業内容

ジェイックは、主に20代の就職に苦戦するフリーターや第二新卒層を対象とした「就職カレッジ(R)」、その中でも女性だけを対象とした「女子カレッジ(R)」、大学中退者を対象とした「セカンドカレッジ(R)」、大学4年生の就活を支援する「新卒カレッジ(R)」を教育融合型人材紹介サービス(カレッジ事業)として展開しています。

また、ジェイックは採用される求職者の上司となる若手リーダーや時期リーダー層を対象に、1年間にわたるリーダー育成カリキュラムを提供する「リーダーカレッジ」も行っています。

さらに、ジェイックは全世界で3,000万部のベストセラーとなったビジネス書「7つの習慣(R)」と、目標達成するスキルと人格を育てる「原田メソッド」の考え方を研修化して提供しています。

ジェイックの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

ジェイックIPOの業績

ジェイックの業績

(※画像クリックで拡大)

ジェイックIPOの売上は順調に伸びており、利益も急伸していて、概ね好調そうですね。

ジェイックのIPO評価

ジェイックは、吸収金額が想定価格ベースで7.6億円と小さく、当選枚数も極少なので、需給面で希少性を感じます。

また、人材紹介サービスに目新しさは感じませんが、人手不足が社会問題化していることから、一定の評価を得られそうです。

よって、ジェイックのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ジェイックIPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジェイックIPOのその他情報はこちら

ジェイックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ジェイックIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のSMBC日興証券はもとより、100%完全抽選の楽天証券や抽選配分比率が高めのSBI証券などにも期待しています。

ジェイックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
北洋証券 口座なし
DMM.com証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング