Chatwork(4448)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月3日から開始されます。

Chatworkは、働き方改革にもつながると期待されるビジネスチャットツール「Chatwork」を提供していることで注目されているようです。

ただ、Chatworkはマザーズにしては規模が大きいため、需給面では警戒されそうですね。

Chatwork

Chatwork(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Chatwork
コード4448
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
上場日9月24日
仮条件決定日9月3日(1,440円~1,600円に決定)
ブックビルディング期間9月5日から9月11日まで
公開価格決定日9月12日(1,600円に決定)
申込期間9月13日から9月19日まで
公募600,000株
売出し7,900,000株
OA1,275,000株
吸収金額156.9億円
時価総額587.4億円
想定価格1,605円→公開価格:1,600円
初値価格1,480円

SMBC日興証券 オンライントレード

ChatworkのIPO事業内容

Chatworkは、ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発及びサービスの提供や、「Chatwork」をサービスプラットフォームとして活用した各種サービスの提供を行っています。

ビジネスチャットツール「Chatwork」は、2011年3月のリリース以降着実に導入企業とユーザー数を拡大しています。

Chatwork利用企業数等の状況

Chatwork利用企業数等の状況図

(※画像クリックで拡大)

また、「Chatwork」はSaaS(Software as a Service)形式でサービスを提供しており、有料プランについてはサブスクリプション型課金モデル(定額利用料金)になっています。

Chatworkのプラン別機能・料金体系

プラン別機能・料金体系図

(※画像クリックで拡大)

さらに、Chatworkは「Chatwork アシスタント」「Chatwork 助成金診断」「Chatwork 電話代行」といったChatwork関連サービスを提供しており、ESET(イーセット)セキュリティソフトの販売も行っています。

Chatwork(4448)IPOの業績

Chatworkの業績

(※画像クリックで拡大)

Chatworkの売上は右肩上がりで伸びており、利益も黒字転換しているので、今後に期待できそうです。

ChatworkのIPO評価

Chatworkは、大型(吸収金額156.9億円)というだけでなく、売出株(7,900,000株)が公募株(600,000株)の10倍以上もあるため、ベンチャーキャピタルの出口案件として警戒されると思います。

ただ、ビジネスチャットツール「Chatwork」は独自性があり、働き方改革というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、ChatworkのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。Chatwork(4448)IPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Chatwork(4448)IPOのその他情報はこちら

Chatwork(4448)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Chatwork(4448)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で参加する予定です。

Chatwork(4448)IPOは当選枚数が多いので、主幹事の大和証券ならチャンス当選も含めて期待できそうです。

また、楽天証券松井証券はIPOで幹事になるケースが増えているので、穴場になるかもしれませんね。

Chatwork(4448)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング